記事内に商品プロモーションを含む場合があります

名古屋市美術館の展覧会 まとめ(随時追加)

名古屋市美術館とは

 名古屋市美術館(Nagoya City Art Museum)は、愛知県名古屋市の中心にある緑豊かな白川公園内にある。1988年(昭和63年)4月22日に開館。建物は建築家である黒川紀章の代表作である。

コレクション

 名古屋市美術館のコレクションは、昭和58年から始められた。当初の収集計画は、近代美術館として地域の美術文化活動の足跡がたどれるようにとの視点から、名古屋文化圏と考えられる伊勢湾周辺地帯の優れた作品「郷土の美術」を収集することから出発した。こうした地元作家のうち、全国的または国際的な視野において、美術史的価値が高いと認められる作家については、できるかぎり作家個人の芸術の発展が明らかになるように系統だてて収集することに努め、北川民次、三岸節子、荒川修作、河原温、桑山忠明の作品についてはある程度の系統的な収集ができている。このような方針に沿って収集を進めるなかで、地元重要作家への影響と関連を理解するのに役立て、収蔵作品に厚みをもたせて美術館の特色を出すため、また国際性のあるものを加えるということを考慮して、「エコール・ド・パリ」「メキシコ・ルネサンス」「現代の美術」の3つの収集方針を加え、収集の範囲を広げた。現在、4つの収集方針に沿って収集を進めている。

 エコール・ド・パリでは、パリに生き、パリを描き続けた郷土出身の画家荻須高徳との関連から、エコール・ド・パリとよばれる1910年頃から1930年頃にかけて芸術の都パリに集まってきた外国人作家たちと、その周辺のフランス人作家の作品を収集している。
【主な作家】モディリアーニ、シャガール、ユトリロ、ローランサン、藤田嗣治、岡鹿之助など。

 メキシコ・ルネサンスでは、メキシコで活躍した郷土出身の画家北川民次との関連から、メキシコ・ルネサンスとよばれる革命に揺れる20世紀前半のメキシコの近代美術を収集。
【主な作家】オロスコ、リベラ、シケイロス、タマヨ、 カーロ、イスキエルド、ティナ・モドッティ、 ベン・シャーン、北川民次など。

 郷土の美術では、名古屋を中心とした地域は、東京と京阪神の間にあって、両者の影響を受けながらも独自の美術・文化を形成し発展してきたことことを受け、この地方にゆかりのある作家を中心として、すぐれた作品を収集している。
【主な作家】前田青邨、三岸節子、中村正義、川合玉堂、熊谷守一、鬼頭鍋三郎、山本鼎など。

 現代の美術では、第二次世界大戦後から現代にいたる美術作品のうち、この地方にゆかりのある荒川修作、河原温、桑山忠明の三人と、関連の作家の作品を収集。また、名古屋市美術館がオープンした1980年代を中心に、国内外の作家の作品を収集している。美術館の館外には、イサム・ノグチやアントニー・ゴームリーなどによる現代彫刻がおかれている。
【主な作家】宮島達男、森村泰昌、草間彌生、ナムジュン・パイク、キーファー、ステラ、アバカノヴィッチなど。

展覧会記事

名古屋市美術館

メキシコと⽇本の架け橋となった芸術家 約30年ぶりの回顧展 特別展「生誕130年記念 北川民次展―メキシコから日本へ」が2024年6⽉29⽇〜9⽉8⽇、名古屋市美術館で開催される。 メキシコで画家・美術教育者として活動した[…]

名古屋市美術館

 名古屋市美術館が2024年度の展覧会スケジュールを発表した。☆特別展 𠮷本作次 絵画の道行き 2024年4月6日~6月9日 1980年代、美術の分野において、空間を演出するインスタレーションという展示形式が隆盛していく中[…]

名古屋市美術館

約200点の油彩とドローイングを展示  名古屋市美術館で2024年4月6日~6月9日、「特別展 吉本作次 絵画の道行き」が開催される。 𠮷本作次(1959年、岐阜県生まれ)は1980年代、力強い筆触と重厚な質感、グラフィ[…]

名古屋市美術館

サグラダ・ファミリア聖堂内観 © Fundació Junta Constructora del Temple Expiatori de la Sagrada Família サグラダ・ファミリア聖堂の造形の秘密に迫[…]

名古屋市美術館

既成概念を打ち破る絵画の新たな可能性  名古屋市美術館で2023年9月23日〜11月19日、特別展「開館35周年記念 福田美蘭-美術って、なに?」が開催される。中部地方で初となる現代美術家、福田美蘭(1963年生まれ)の個展である[…]

名古屋市美術館

マリー・ローランサンを再発見する――1920 年代パリ、アートとファッションの交差 名古屋市美術館で2023年6月24日~9月3日、特別展「マリー・ローランサンとモード」が開催される。 二つの世界大戦に挟まれた1920年代[…]

名古屋市美術館

全出品作品を年代順に 名古屋市美術館の特別展「コレクションの20世紀」が2023年4月15日~6月4日に開催される。収蔵品から選んだ約100点の作品を通して、20世紀という時代とその美術を再検証する。 2023年4月、名古[…]

名古屋市美術館

BOTERO – MAGIC IN FULL FORM 東京、名古屋(愛知)、京都 人物や楽器や果物、動物などを丸くふくよかな姿として表現する南米コロンビア生まれの芸術家、フェルナンド・ボテロ(1932年-)の作品世界を紹介する「[…]

名古屋市美術館

布の庭にあそぶ 庄司達 「布の庭にあそぶ 庄司達」展が2022年4月29日~6月26日、名古屋市美術館で開催されている。 愛知県を拠点に50年以上活動を続ける造形作家、庄司達さんの個展である。 〈白い布による空間〉[…]

名古屋市美術館

現代美術のポジション 2021-2022 名古屋市内や近隣地域で活躍するアーティストを全国に発信する「現代美術のポジション 2021-2022」が2021年12月11日~2022年2月6日 、名古屋市美術館で開催されている。[…]

名古屋市美術館

ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890年)の作品を中心にオランダのクレラー=ミュラー美術館などの作品を紹介する 「ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」が2022[…]

名古屋市美術館

フランソワ・ポンポン展  動物彫刻の名作を生みだしたフランスの彫刻家、フランソワ・ポンポン(1855-1933年)の日本初の回顧展「 フランソワ・ポンポン展 動物を愛した彫刻家」が 2021年9月18日〜11月14日、名[…]

名古屋市美術館

 三重県四日市市在住の元画家、鷲見麿さんが2020年8月、京都・KUNST ARTSでの個展で公開した最後の大作、「新・聖なるファティア『神秘の子羊の礼拝』」(2013-2020年)が2021年7月10日〜11月14日、名古屋市美術館の名[…]

名古屋市美術館

グランマ・モーゼス展―素敵な100年人生  無名の農婦から70代で本格的に絵を始め、 温かいまなざしで身近な出来事や自然を描いた画家、グランマ・モーゼスの作品を集めた生誕160年記念「グランマ・モーゼス展―素敵な100年人[…]

名古屋市美術館

藤井光、モニカ・メイヤー、青木美紅、桝本佳子 藤井は、歴史的事象を再演する手法で、社会の不可視の領域を構造的に批評する。今回は、戦時下の日本のアジア侵略と現代のアジアの経済的主従関係をリンクさせたマルチ・スクリーンの映像インスタレ[…]

最新情報をチェックしよう!

美術の最新記事8件

>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG