名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

執筆者一覧

1964年、名古屋市生まれ。大学時代は演劇に熱中。現代美術や小劇場演劇、映画などを精力的に見始める。89年、新聞記者になり、美術、演劇、映画などを担当。2002年10月、名古屋で芸術批評誌REARを有志で立ち上げ、2011年頃まで編集・執筆。現在も時々、執筆している。2019年5月、WEBサイトOutermostNAGOYAを始める。
1964年東京生まれ。88年多摩美術大学卒業。91年筑波大学大学院修了。 同年から愛知県庁に勤務し、愛知芸術文化センター・文化情報センター学芸員を経て、2014年より愛知県美術館主任学芸員(映像担当)。
1946年、東京都生まれ。1971年、東京国立近代美術館に勤務。元愛知県美術館長、元茨城県近代美術館長
1971年京都市生まれ。東京藝術大学美術学部芸術学科および筑波大学芸術専門学群総合造形コース卒業。2002年より名古屋で芸術批評史『REAR』編集に携わる(-2010)。愛知県内の大学非常勤講師のほか、展覧会企画、執筆など。
1978年、岐阜県生まれ。名古屋大学大学院文学研究科 美学美術史 修士課程修了。 2005年から美濃加茂市民ミュージアムに美術担当の学芸員として勤務