これだけは見たい!

全国の注目展覧会

美術館、ギャラリーへGO!

いま、見ておきたい中部地方、東海地方の展覧会!

おすすめの美術館、博物館、ギャラリー

アーティスト・リンク!

シアター・ナウ!

今、見たい映画! 舞台!

名古屋発の芸術批評誌「REAR」提携

  • 2021年9月28日
  • 2021年9月28日

山本近子展 銅版画 A・C・S(名古屋)

ギャラリーA・C・S(名古屋) 2021年9月25日〜10月9日 山本近子  山本近子さんは1960年、岐阜市生まれ。名古屋造形芸術短大で、野村博さん(1923〜2008年)から版画を学んだ。  野村さんは戦後、新聞記者をしながら、版画家として、名古屋の文化の再興を図った人。  彫刻家の野水信さん、 […]

  • 2021年9月26日
  • 2021年9月27日

うさぎストライプ「ゴールデンバット」三重県文化会館で12月19日に公演

舞台写真(撮影:三浦雨林) うさぎストライプ 東海地方初登場  東京を拠点に日常と死を地続きに描く「うさぎストライプ」の舞台「ゴールデンバット」が2021年12月19日14:00から、17:00からの2回、津市の三重県文化会館で上演される。東海地方初登場となる。チケット発売は10月9日。  2010 […]

  • 2021年9月23日
  • 2021年9月23日

斉と公平太 名古屋のSee Saw(シーソー)で10月23日まで

See Saw gallery+hibit(名古屋) 2021年9月11日〜10月23日 斉と公平太  斉と公平太さんは1972年、愛知県生まれ。名古屋造形芸術大学卒業。  主な展覧会は、「あいちトリエンナーレ2010」、個展「オオウチハジメ氏を探す旅展」(2014年、みやざきアートセンター)、個展 […]

  • 2021年9月22日
  • 2021年9月22日

設楽陸個展 長者町コットンビル(名古屋)

長者町コットンビル (名古屋)  2021年9月18日~10月10日 設楽陸 / Riku Shitara  設楽陸さんは1985年、愛知県生まれ。2008年、名古屋造形芸術大学美術学科総合造形コース卒業。  近年の個展に、2019年の「INNER VISIONS ~絵の帝国~」 (マサヨシスズキギ […]

  • 2021年9月21日
  • 2021年9月21日

小杉滋樹 ケンジタキギャラリー(名古屋)

ルンルン(左)と、home(右) ケンジタキギャラリー(名古屋) 2021年9月10日〜10月9日 小杉 滋樹 Shigeki Kosugi  小杉滋樹さんは1979年、静岡県生まれ。2004年、名古屋造形芸術大学洋画コースを卒業。2006年、同大学彫刻コース研究生修了。愛知県瀬戸市を拠点に制作して […]

  • 2021年9月20日
  • 2021年9月26日

大塚泰子 ケンジタキギャラリー(名古屋)

ケンジタキギャラリー(名古屋) 2021年9月10日〜10月9日 大塚 泰子 Yasuko Otsuka  大塚泰子さんは1968年、広島県生まれ。1991年、多摩美術大学美術学部絵画科版画専攻卒業、1995年、同大学院美術研究科絵画専攻版画修了。  2004-05年、ポーラ美術振興財団海外研修助成 […]

  • 2021年9月18日
  • 2021年9月18日

INTEXT スタンディングパイン(名古屋)

INTEXT インテクスト  インテクストは、グラフィックデザイナーの見増勇介さん、外山央さん、プログラマーの真下武久さんによるアート・ユニットである。  メンバーのそれぞれがデザイナーやプログラマーとして活動する中で生まれた関心や課題などをグループで捉えなおし、国内外でアート作品として展開してきた […]

  • 2021年9月17日
  • 2021年9月17日

作間敏宏 ギャラリーハム(名古屋)で10月23日まで

Gallery HAM(名古屋) 2021年9月11日〜10月23日 作間敏宏  作間敏宏さんは1957年、宮城県生まれ。1982、東京藝術大学大学院修士課程を修了した。  筆者は、新聞記者をしていた1990年代、O美術館であった「光をつかむ-素材としての〈光〉の現れ」展や、板橋区立美術館での「&l […]

  • 2021年9月16日
  • 2021年9月16日

近藤正勝 2021年 東京 / 名古屋

近藤正勝 Masakatsu Kondo  近藤正勝さんは1962年、愛知県生まれ。1993年に英国のロンドン大学スレード・スクール・オブ・ファインアートを卒業。ロンドンを拠点に活動している。  筆者は、1990年代、名古屋にあったコオジオグラギャラリーでの個展などを取材した経験がある。  2000 […]

  • 2021年9月14日
  • 2021年9月15日

ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント 2021-2022年 東京、名古屋、福岡で開催

ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント  フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890年)の作品を中心にオランダのクレラー=ミュラー美術館などの作品を紹介する 「ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」が、2021年9月から2022年4月にかけ、東京、福岡、名古屋を巡回する。   […]

  • 2021年9月12日
  • 2021年9月12日

Walls & Bridges壁は橋になる 東京都美術館で10月9日まで 

世界にふれる、世界を生きる  「Walls & Bridges 壁は橋になる」が2021年7月22日~10月9日、東京都美術館で開催されている。  遅ればせながら9月に入って鑑賞したが、美術の主流が国際展などイベント化に向かい、美術作品そのものがマーケット中心で動く中、一服の清涼剤となる展示 […]

  • 2021年9月12日
  • 2021年9月12日

曽我蕭白 奇想ここに極まれり 愛知県美術館(名古屋)で10月8日-11月21日

重要文化財《唐獅子図》明和元(1764)年頃 紙本墨画 朝田寺蔵 曽我蕭白 奇想ここに極まれり  名古屋・栄の愛知県美術館で2021年10月8日〜11月21日、「曽我蕭白 奇想ここに極まれり」が開かれる。  曾我蕭白(1730〜81年)は江戸時代中期、京都で活躍した奇想の絵師。  京都の商家に生まれ […]

  • 2021年9月7日
  • 2021年9月7日

作田優希展 ギャラリー芽楽(名古屋)で9月19日まで

Gallery 芽楽(名古屋) 2021年9月4〜19日 作田優希  作田優希さんは1995年、愛知県出身。愛知県立旭丘高校美術科卒業。現在は、京都市を拠点に制作している。  名古屋芸術大学美術学部美術学科洋画コースで、吉本作次さんから学んだ後、京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻(油画 […]

  • 2021年9月5日
  • 2021年9月5日

水谷昇雅展 銅版画 ギャラリーA・C・S(名古屋)で9月18日まで

ギャラリーA・C・S(名古屋) 2021年9月4〜18日 水谷昇雅  水谷昇雅さんは1959年、名古屋市瑞穂区生まれ。  現在は、川崎市を拠点に制作。名古屋芸術大学の非常勤講師として、版画実技を指導している。  中学生のころは名古屋の画家、版画家、吉岡弘昭さんの絵画教室で学び、旭丘高校美術科のころに […]

  • 2021年9月3日
  • 2021年9月3日

「ギャラリーN映画展」2022年4月開催  2021年9月20日-1月30日作品公募

映画と現代アートが交わる新しい映画祭  名古屋のgallery N が2022年4月、映画と現代アートが交わる新しい形の映画祭「ギャラリーN 映画展」を開催する。1~15分の短編映画を公募。深田晃司監督らが審査員を務め、グランプリ、準グランプリなどを発表する。グランプリは副賞10万円。  1回目とな […]

  • 2021年9月3日
  • 2021年9月3日

『発酵する民』シネマスコーレ(名古屋)で9月18日〜10月1日

映画『発酵する民』より 3.11 からの女性たちの変化や、 鎌倉の「発酵」カルチャー描く  3.11からの女性たちの変化や、 神奈川県鎌倉市の地域コミュニティで生まれた「発酵」カルチャーを描くドキュメンタリー映画『発酵する民』(2020年/92分/カラー/DCP)が2021年9月18日から10月1日 […]

月間記事ランキング

>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG