これだけは見たい!

全国の注目展覧会

美術館、ギャラリーへGO!

いま、見ておきたい中部地方、東海地方の展覧会!

おすすめの美術館、博物館、ギャラリー

アーティスト・リンク!

シアター・ナウ!

今、見たい映画! 舞台!

名古屋発の芸術批評誌「REAR」提携

  • 2021年6月14日
  • 2021年6月14日

豊嶋康子展 ガレリアフィナルテ(名古屋)で6月26日まで

ガレリア フィナルテ(名古屋) 2021年6月8〜26日 豊嶋康子  豊嶋康子さんは1967年埼玉県生まれ。1993年、東京芸術大学大学院美術研究科油画専攻修士課程修了。  人間は、身の回りの事物や環境に対して、パターン化された思考が連続するような毎日を生きている。  豊嶋さんが制作するのは、そうし […]

  • 2021年6月9日
  • 2021年6月9日

「寺内曜子 パンゲア」豊田市美術館で7/10-9/20「コレクション展:ひとつの複数の世界」同時開催

寺内曜子 《ひとつづきの面》 2002年 寺内曜子 パンゲア / コレクション展:ひとつの複数の世界  愛知・豊田市美術館で2021年7月10日〜9月20日にある「生誕150年記念モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」に合わせ、「世界をどのように見るか」という視点から、2つのテーマ展示が催される。 […]

  • 2021年6月9日
  • 2021年6月11日

豊田市美術館 ヴォルフガング・ライプの「ミルクストーン」について

2021年度 第I期 コレクション展   愛知・豊田市美術館で2021年4月3日〜6月20日に開催されている展覧会「ボイス+パレルモ」に合わせ、「ドイツと日本の現代美術」をテーマに「2021年度 第I期 コレクション展」が開催されている。  「ボイス+パレルモ」展は、第二次世界大戦以降の最も重要な芸 […]

  • 2021年6月9日
  • 2021年6月8日

豊田市美術館「ボイス+パレルモ」でオンライン連続レクチャー開催、画家・額田宣彦さんの講話も公開

「ボイス+パレルモ」関連イベント  愛知・豊田市美術館で2021年4月3日〜6月20日の会期で開催されている展覧会「ボイス+パレルモ」の理解を深めてもらおうと、2021年6月12日(土)、13日(日)、18日(金)の午後7時から、オンラインでの連続レクチャーが開催される。また、パレルモから影響を受け […]

  • 2021年6月8日
  • 2021年6月8日

山本富章展 豊田市美術館ギャラリー 6月12日まで

愛知・豊田市美術館ギャラリー 2021年6月3〜12日 令和元年度豊田芸術選奨受賞記念  令和元年度豊田芸術選奨受賞記念の山本富章展が2021年6月3〜12日、愛知・豊田市美術館ギャラリーで開かれている。  副題は「Bugs and Rings」である。  山本さんは1949年、愛知県生まれ。愛知県 […]

  • 2021年6月6日
  • 2021年6月6日

愛知県美術館で加藤大博さん「Y.W.B計画〈ヒロシマ〉」(1966年)を紹介 6月27日まで

愛知県美術館2021年度第1期コレクション展の特集展示「document 2021」  名古屋・栄の愛知県美術館の2021年度第1期コレクション展の特集展示「document 2021」(2021年4月23日〜6月27日)で地元の画家、加藤大博さんの1966年の作品「Y.W.B計画〈ヒロシマ〉」の2 […]

  • 2021年6月6日
  • 2021年6月7日

松田新 展 銅版画&コラージュ A・C・S(名古屋)で6月19日まで

ギャラリーA・C・S(名古屋) 2021年6月5〜19日 松田新展〜銅版画&コラージュ〜A・C・S  松田新さんは1950年、千葉県出身で、現在は神奈川県厚木市在住。習志野高校で野球に打ち込むが、その後、中学校のときの美術教員だった恩師から銅版画を学び、画家を志した。  1999年から、ギャラリーA […]

  • 2021年6月5日
  • 2021年6月6日

愛知県美術館「特集 石田尚志」6月27日まで

愛知県美術館2021年度第1期コレクション展  名古屋・栄の愛知県美術館での展覧会「トライアローグ 横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」(2021年4月23日〜6月27日)と同時開催の2021年度第1期コレクション展が充実している。  この記事では、その中 […]

  • 2021年6月3日
  • 2021年6月3日

愛知県芸術劇場 勅使川原三郎 演出・振付 ダンス 『風の又三郎』7月24、25日

2021 年2 月に愛知県芸術劇場大リハ―サル室で行った稽古の様子 Ⓒ Naoshi Hatori 東海圏にゆかりあるバレエ経験者たちと創りあげる初の試み  愛知県芸術劇場大ホールで2021年7月24日(土)、25日(日)15:00 から、「愛知県芸術劇場芸術監督 勅使川原三郎 演出・振付 ダンス『 […]

  • 2021年6月1日
  • 2021年6月1日

イスラエルの環境彫刻家、ダニ・カラヴァンさん死去 90歳

 産経新聞(WEB)などによると、イスラエルの環境彫刻家、ダニ・カラヴァンさんが2021年5月29日、イスラエル・テルアビブで死去した。90歳。  1930年、テルアビブ生まれ。著名な造園家だった父親の影響を受けて育ち、母国の美術学校で学んだ後、イタリア・フィレンツェなどで絵画とフレスコ画を学んだ。 […]

  • 2021年6月1日
  • 2021年5月31日

三重県立美術館 美術にアクセス!―多感覚鑑賞のすすめ 2021年6月5日〜8月1日

過去の鑑賞支援ツール展示風景 ツールは三重県立城山特別支援学校高等部とデザイナー楠木一徳氏(KUSUKI DESIGN)との共同開発 撮影:松原豊  転載禁止 美術にアクセス!―多感覚鑑賞のすすめ  視覚だけでなく触覚や聴覚、想像力を駆使し、さまざまな感覚で美術を鑑賞してもらおうと、津市の三重県立美 […]

  • 2021年5月31日
  • 2021年5月31日

映画『息子のままで、女子になる』シネマスコーレで6月26日から公開

息子のままで、女子になる  新しい世代を代表するトランスジェンダーアイコン、サリー楓に密着した現在進行形のドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』が2021年6月26日から、名古屋市中村区のシネマスコーレで公開される。  新進気鋭の杉岡太樹監督による意欲作。米国ニューヨークで映画を学び、三宅 […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年5月29日

『片袖の魚』公開記念 東海林毅ショートフィルム選& トーク シアターカフェ(名古屋)で6月19、20日

 名古屋市東区白壁のシアターカフェで、2021年6月19、20日、「『片袖の魚』公開記念 東海林毅ショートフィルム選&トーク」が開催される。  上映するのは、『ピンぼけシティライツ』(2016年/18分)、『老ナルキソス』(2017年/21分)、『ホモソーシャルダンス』(2019年/11分) […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年5月28日

「杉本美術館」(愛知県美浜町)が閉館へ

 2021年5月28日の中日新聞(WEB)によると、名古屋市出身の画家、杉本健吉さん(1905〜2004年)の作品を展示する「杉本美術館」(愛知県美浜町)を閉館する方向で、運営母体の名古屋鉄道が最終調整している。  杉本美術館のWEBサイトによると、1987(昭和62)年3月、中日新聞本社主催の「杉 […]

  • 2021年5月25日
  • 2021年5月25日

国際芸術祭あいち2022の会場は愛知芸術文化センター、一宮市、常滑市、有松地区

 愛知県で2022年に開かれる「国際芸術祭『あいち2022』」の組織委員会が2021年5月25日、芸術祭の開催会場を発表した。 会場は、愛知芸術文化センター(名古屋市)、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)。片岡真実芸術監督がオンライン配信による記者会見で明らかにした。   会期は、2022年7月3 […]

  • 2021年5月24日
  • 2021年5月24日

コロナで大須演芸場が7〜9月の定席寄席を休演

 東海地方唯一の定席の寄席小屋、大須演芸場(名古屋市中区)の定席寄席(毎月1~7日)が、新型コロナウイルスの影響で2021年7~9月、再び休演となる。  大須演芸場は、2020年3〜9月にもコロナ禍で定席寄席を休演。同年10月の再開以降は、新型コロナウィルス感染症の拡大と向き合いながら、国や愛知県の […]

月間記事ランキング

>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG