CATEGORY

ニュース(新聞から)

  • 2022年6月3日
  • 2022年6月3日

画家の松井守男さんが死去 79歳

 報道によると、画家の松井守男さんが2022年5月30日、虚血性心疾患のため、東京都内で死去した。79歳だった。  愛知県豊橋市出身。1967年に武蔵野美術大を卒業後、フランス政府奨学生として渡仏した。  当初は、パリを拠点に制作。光をテーマにした抽象絵画を細かな筆触を重ねて描いた。  1997年、 […]

  • 2022年6月2日
  • 2022年6月2日

写真家の田沼武能さんが死去 93歳

 報道によると、写真家の田沼武能さんが2022年6月1日、東京都内の自宅で死去した。93歳だった。写真家の木村伊兵衛さん(1901-1974年)に師事。世界各地の子供たち、東京の下町、武蔵野などを撮影した。2019年、写真分野としては史上初めてとなる文化勲章を受章した。  1929年、東京都出身で、 […]

  • 2022年4月18日
  • 2022年4月18日

画家の横地洋司さんが死去 76歳

 報道によると、名古屋市の画家で、名古屋女子大元教授の横地洋司さんが2022年4月16日、死去した。76歳。  名古屋画廊などで作品を発表した。人の形象を主題に制作を重ね、油絵具、銅粉、アクリルなどを使った平面作品を中心に、オブジェやレリーフなどのシリーズも発表。不定形な人体によって、人間の存在を深 […]

  • 2022年3月26日
  • 2022年3月26日

映画監督の青山真治さんが死去 57歳

 報道によると、映画監督の青山真治さんが2022年3月21日、頸部食道がんで死去した。57歳だった。  北九州市出身。立教大卒。代表作に、地元の北九州市を舞台に浅野忠信さんが主演した劇場長編デビュー作「Helpless」(1996年)、バスジャック事件を題材に心に深い傷を負った人間の再生を描き、カン […]

  • 2022年3月23日
  • 2022年5月11日

BankART1929代表の池田修さんが死去 64歳

 特定非営利活動法人BankART1929のWEBサイトによると、代表の池田修さんが2022年3月16日、小脳出血のため死去した。64歳だった。  BankART1929では、池田さんの65歳の誕生日にあたる6月14日から6日間にわたって、池田修を偲ぶ6日間「都市に棲む-池田修の夢と仕事」と題して、 […]

  • 2022年3月22日
  • 2022年3月22日

映画評論家の佐藤忠男さんが死去 91歳

 報道によると、日本を代表する映画評論家で、多くの映画人の育成に尽力した佐藤忠男さんが2022年3月17日、胆のうがんのため死去した。91歳だった。  新潟市出身。雑誌「映画評論」の編集に携わり、 同誌や「思想の科学」の編集長を務めた。1996年~2017年に日本映画学校(日本映画大学)の校長(学長 […]

  • 2022年3月11日
  • 2022年3月11日

彫刻家の国島征二さんが死去 84歳

2021年5月、愛知県豊橋市のギャラリーサンセリテであった個展 国島征二さん  報道によると、愛知県岡崎市(旧額田町)を拠点に制作していた彫刻家の国島征二さんが2022年3月7日、脳腫瘍のため、死去した。84歳。  国島征二さんは1937年、名古屋市生まれ。愛知県立旭丘高校美術科卒業。旭丘高校では、 […]

  • 2022年2月22日
  • 2022年2月22日

画家の島田鮎子さんが死去 87歳

 2022年2月22日の中日新聞朝刊によると、名古屋市を拠点に活躍した洋画家、島田鮎子さんが2022年2月9日、老衰のため、同市内の自宅で死去した。87歳。  島田鮎子さんは1934年、東京都生まれ。1958年、東京芸術大学美術学部油画科を卒業、1962年、東京芸術大学美術学部油彩専攻科を修了。   […]

  • 2021年12月27日
  • 2021年12月28日

現代美術センターCCA北九州が2021年12月で活動終了

 2021年12月25日の西日本新聞などによると、 現代アートの公的研究機関「現代美術センターCCA北九州」(北九州市若松区)が2021年12月末、一定の役割を果たしたとして活動を終了。24年間の歴史に終止符を打つ。  CCAは、製鉄が盛んな北九州市を直撃した「鉄冷え」後の地域おこしの一環で、199 […]

  • 2021年12月27日
  • 2021年12月27日

年末回顧2021―美術

識者が選ぶベスト展覧会  2021年の年末を迎え、新聞各紙で「美術」分野の年末回顧記事が出そろった。その中から、識者が挙げた2021年の注目展覧会を紹介する。まだ見られる展覧会がかなりある。 朝日新聞 岡部あおみさん(美術評論家) ・ロニ・ホーン:水の中にあなたを見るとき、あなたの中に水を感じる?( […]

  • 2021年12月22日
  • 2022年5月22日

名古屋造形大学次期学長に伊藤豊嗣さん 山本理顕学長は退任

 名古屋造形大学(愛知県小牧市)のWEBサイトの告知「名古屋造形大学次期学長選任結果について 」(2021年12月21日発表)によると、同大学を運営する学校法人同朋学園の理事会が、名古屋造形大学次期学長に、副学長でグラフィックデザイナーの伊藤豊嗣さんを選んだ。  任期は、2022年4月1日から202 […]

  • 2021年12月20日
  • 2021年12月20日

前衛芸術家の糸井貫二さん死去 101歳

 報道によると、前衛芸術家の糸井貫二さんが2021年12月19日、老衰のため死去した。101歳。   1920年、東京生まれ。幼少期からダダイズムに興味を持ち、1960年代以降、ハプニングを展開。仙台市を拠点とし、「ダダカン」と呼ばれた。  特に、1964年の東京五輪や1970年の大阪万博など、高度 […]

  • 2021年12月16日
  • 2021年12月16日

デザイン評論家の柏木博さんが死去 75歳

 報道によると、デザイン評論家で東京造形大教授、武蔵野美術大教授を歴任した柏木博さんが2021年12月13日、敗血症のため死去した。75歳。  神戸市出身。武蔵野美術大卒業後、近代デザイン史や広告論、都市論などの研究を通して、家具や電化製品、映画、テレビなどのメディアをはじめ、生活の中にある身近なも […]

  • 2021年12月15日
  • 2022年5月23日

画家の登山博文さんが死去 54歳

 2021年12月15日の中日新聞朝刊によると、画家の登山博文さんが2021年11月11日、死去した。54歳。  登山博文さんは1967年、福岡県生まれ。1997年、愛知県立芸術大学大学院美術研究科修了。 愛知県を拠点に制作した。  東京のタカ・イシイギャラリー(2017、2013年)、名古屋のガレ […]

  • 2021年12月7日
  • 2022年5月22日

美術評論家の中村英樹さんが死去 81歳

 2021年12月7日の朝日新聞、毎日新聞によると、名古屋市出身の美術評論家、中村英樹さん(名古屋造形大名誉教授)が11月14日、肺炎で死去した。81歳。  近現代美術を中心に幅広く論じ、「いきのびるアート」「〈人型〉の美術史」「新・北斎万華鏡」など、多数の著書がある。  1940年、名古屋市生まれ […]

  • 2021年11月27日
  • 2021年11月27日

日比野克彦さんが東京芸大学長

 東京芸術大(東京)のWEBサイトによると、2021年11月25日、学長選考会議が開かれ、澤和樹学長の任期満了に伴う次期学長候補に現代美術家の日比野克彦教授(63)を選んだ。  任期は2022年4月1日から28年3月31日まで。  日比野克彦さんは1958年、岐阜市出身。1984年に同大大学院の修士 […]

  • 2021年8月25日
  • 2021年12月15日

フランスの哲学者、ジャンリュック・ナンシー氏死去 81歳

 各新聞などがフランス・メディアを引用して伝えているところによると、フランスの哲学者ジャンリュック・ナンシー氏が2021年8月23日、死去した。81歳だった。   1940年、フランス南西部ボルドー生まれ。 20世紀を代表する哲学者、故ジャック・デリダの脱構築の手法の影響を受けながら、 独自の哲学を […]

  • 2021年8月20日
  • 2021年8月20日

反骨の画家、富山妙子さんが死去 99歳

 各種報道によると、反骨の画家として知られた富山妙子さんが2021年8月18日、東京都内の自宅で死去した。老衰。99歳。  1921年、神戸市生まれ。少女時代は、旧満州(中国東北部)の大連とハルビンで過ごした。女子美術学校(現・女子美術大)を中退。戦後、炭鉱や、戦争、とりわけ、日本によるアジアの植民 […]

  • 2021年8月3日
  • 2022年6月28日

画家の設楽知昭さん死去 66歳

設楽知昭さん死去  2021年8月3日の中日新聞朝刊によると、画家で愛知県立芸術大名誉教授の設楽知昭さんが7月27日死去した。66歳。  1955年、北海道苫小牧市出身。1980年、愛知県立芸術大大学院を修了した。2005~2021年に愛知県立芸術大美術学部油画専攻教授。  突然の訃報で、驚いている […]

  • 2021年7月29日
  • 2021年7月29日

相羽規充さん死去 82歳 名古屋芸術大名誉教授、前メナード美術館長

 2021年7月29日の東京新聞(WEB)などによると、 名古屋芸術大名誉教授で、前メナード美術館長の相羽規充さんが2021年7月26日、死去した。82歳。  名古屋市出身で、中日新聞社事業局長、名古屋市文化振興事業団理事長を務めた。  中日新聞社事業局の在籍時、エル・グレコ展、 ゴッホ展、ピカソ展 […]

>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG