CATEGORY

ニュース(新聞から)

  • 2021年8月3日
  • 2021年8月3日

画家の設楽知昭さん死去 66歳

設楽知昭さん死去  2021年8月3日の中日新聞朝刊によると、画家で愛知県立芸術大名誉教授の設楽知昭さんが7月27日死去した。66歳。  1955年、北海道苫小牧市出身。1980年、愛知県立芸術大大学院を修了した。2005~2021年に愛知県立芸術大美術学部油画専攻教授。  突然の訃報で、驚いている […]

  • 2021年7月29日
  • 2021年7月29日

相羽規充さん死去 82歳 名古屋芸術大名誉教授、前メナード美術館長

 2021年7月29日の東京新聞(WEB)などによると、 名古屋芸術大名誉教授で、前メナード美術館長の相羽規充さんが2021年7月26日、死去した。82歳。  名古屋市出身で、中日新聞社事業局長、名古屋市文化振興事業団理事長を務めた。  中日新聞社事業局の在籍時、エル・グレコ展、 ゴッホ展、ピカソ展 […]

  • 2021年7月15日
  • 2021年7月16日

ボルタンスキーさんが死去 76歳 フランスの現代アーティスト

 朝日新聞(WEB)などによると、フランスの現代アーティスト、クリスチャン・ボルタンスキーさんが2021年7月14日、がんのため、パリの病院で亡くなった。76歳だった。  1944年、パリ生まれ。1950年代半ばから独学で絵画を学び、表現主義的な作品を描いた。1960年代後半以降、短編フィルム作品や […]

  • 2021年6月1日
  • 2021年6月1日

イスラエルの環境彫刻家、ダニ・カラヴァンさん死去 90歳

 産経新聞(WEB)などによると、イスラエルの環境彫刻家、ダニ・カラヴァンさんが2021年5月29日、イスラエル・テルアビブで死去した。90歳。  1930年、テルアビブ生まれ。著名な造園家だった父親の影響を受けて育ち、母国の美術学校で学んだ後、イタリア・フィレンツェなどで絵画とフレスコ画を学んだ。 […]

  • 2021年5月29日
  • 2021年7月30日

「杉本美術館」(愛知県美浜町)が2021年10月末で閉館

イメージ写真は、杉本美術館のWEBサイトより  2021年7月27日の中日新聞(WEB)などによると、名古屋市出身の洋画家、杉本健吉さん(1905〜2004年)の作品を展示する「杉本美術館」(愛知県美浜町)を2021年10月31日で閉館すると、運営母体の名古屋鉄道が7月26日に発表した。  杉本美術 […]

  • 2021年5月19日
  • 2021年7月28日

「表現の不自由展・その後」名古屋での再展示は中止、東京は会場変更できず延期、大阪は開催

「表現の不自由展・その後」名古屋での再展示 7月8日の破裂騒ぎで中止に 「『表現の不自由展・その後』をつなげる愛知の会」が主催、2日間で中止  「あいちトリエンナーレ2019」で、混乱のため一時中止になった企画展「表現の不自由展・その後」の作品の一部を再展示する展覧会「私たちの『表現の不自由展・その […]

  • 2021年4月22日
  • 2021年4月22日

フランス演劇研究者、演出家の渡辺守章さんが死去 88歳

 報道によると、東京大名誉教授で、フランス演劇・文学の研究や翻訳、評論活動、演出など、幅広く活躍した渡辺守章さんが2021年4月11日、胸部大動脈瘤破裂のため、死去した。東京都出身。88歳。  2016年、自身が翻訳した詩人・劇作家ポール・クローデルの「繻子の靴」の全編を8時間かけ上演した。  能楽 […]

  • 2021年4月19日
  • 2021年4月19日

俳優の若松武史さん死去 70歳 「天井桟敷」で活躍

 報道によると、俳優の若松武史さんが2021年4月14日、甲状腺がんで死去した。70歳。  寺山修司さん主宰の演劇実験室「天井桟敷」に所属し、「青森県のせむし男」などに出演した。「NINAGAWAマクベス」「毛皮のマリー」 「リチャード3世」 など多くの舞台で存在感を示した。NHK大河ドラマなどのテ […]

  • 2021年4月19日
  • 2021年4月19日

劇作家の清水邦夫さん死去 84歳

 報道によると、 劇作家で小説も手掛け、岸田国士戯曲賞、泉鏡花文学賞などを受賞した清水邦夫さんが2021年4月15日、老衰のため死去した。84歳。 演出家の蜷川幸雄さんとのコンビで知られた。 新潟県出身。   大学在学中に発表した戯曲「署名人」で劇作家としてデビュー。 1960年代後半~70年代初め […]

  • 2021年4月12日
  • 2021年4月12日

日本画家、稗田一穂さん死去 100歳 創画会

 報道によると、日本画家の稗田一穂さんが2021年3月23日、老衰のため死去した。100歳。 文化功労者。  和歌山県出身。 東京美術学校(現東京芸術大)を卒業後、山本丘人に師事した。 1974年、創画会の結成に参加。 東京芸大教授、女子美術大大学院教授などを歴任した。  火災で焼けた法隆寺金堂壁画 […]

  • 2021年3月23日

ナビロフト(名古屋)が4月に閉鎖

 2021年3月23日の中日新聞朝刊によると、劇作家、演出家の北村想さんが主宰した劇団プロジェクト・ナビのアトリエとして1994年、名古屋市天白区に開設され、その後、小劇場になった「ナビロフト」が、4月10、11日の自主公演を最後に閉鎖される。  昨秋、新型コロナウイルス感染防止対策に絡む行政上の手 […]

  • 2021年3月6日
  • 2021年3月6日

篠田桃紅さん死去 107歳

 各種報道によると、墨による抽象画で知られる美術家、篠田桃紅さんが2021年3月1日、東京都内の病院で逝去した。老衰で、107歳だった。  岐阜県美術館で、「篠田桃紅と抽象の世界」展が2021年1月13日~2021年3月28日、開催されている。  所蔵作品による紹介だが、ゆったりとした空間に大作を並 […]

  • 2020年12月31日
  • 2021年2月1日

「原爆の図」 (丸木位里・俊)愛知県立芸大が修復へ

三岸節子記念美術館で開かれた特別展「墨は流すもの—丸木位里の宇宙—」から  2020年12月30日の中日新聞(WEB)によると、丸木位里さん(1901〜1995年)、俊さん(1912〜2000年)による「原爆の図」の初めての修復作業を、愛知県立芸術大学(長久手市)が手がけることが決まった。    「 […]

  • 2020年12月31日
  • 2020年12月31日

愛知県国際展示場での コンサート 2021年4月から1年間、会場利用料を県が負担

 2020年12月31日の中日新聞(WEB)によると、2021年4月から1年間、コンサートの主催団体を対象に、愛知県が愛知県国際展示場「アイチ・スカイ・エキスポ」(常滑市)の会場利用料を全額負担する。新型コロナウイルスの感染拡大で苦境の音楽業界を支援するのが狙い。  同紙は、コロナ対策に絡み、会場利 […]

  • 2020年12月27日
  • 2021年5月1日

年末回顧2020―美術・写真

 2020年の年末を迎え、新聞各紙の年末回顧記事から今年注目された展覧会、美術の話題を回顧する。  日経新聞の2020年12月7日朝刊文化面では窪田直子編集委員、毎日新聞の12月10日夕刊文化面では高橋咲子記者、読売新聞の12月10日朝刊文化面では井上晋治記者、12月22日の朝日新聞夕刊文化面では大 […]

  • 2020年12月21日
  • 2020年12月30日

年末回顧2020―建築

 2020年の年末を迎え、新聞各紙の年末回顧記事から、今年注目された建築を回顧する。  毎日新聞の2020年12月16日の夕刊では、建築史家で東北大教授の五十嵐太郎さんが、この1年間の建築について振り返っている。  五十嵐さんは、コロナ禍の影響が響き、東京五輪による祝祭的な光景はなく、注目すべき建築 […]

  • 2020年12月12日
  • 2020年12月12日

韓国の映画監督キム・ギドクさん 新型コロナウイルス感染症で死去 59歳

2020年12月11日の読売新聞(WEB)、映画.comなどによると、独特の作風で「鬼才」といわれた韓国の映画監督、キム・ギドクさんが2020年12月11日、亡くなった。ラトビアに滞在中、新型コロナウイルス感染症による合併症で死去したと、韓国メディアが伝えている。 「嘆きのピエタ」が2012年のベネ […]

  • 2020年12月10日
  • 2020年12月12日

偲ぶ 2020年亡くなられた美術関係者等  

お名前をクリックすると、訃報記事にリンクしています。個人的に面識のあった方、取材でお世話になった方もいらっしゃいます。改めて、ご冥福をお祈りいたします。 キム・ギドクさん 59歳 池田龍雄さん  92歳 原口典之さん 74歳 山崎正和さん 86歳 安斎重男さん  81歳 鯉江良二さん   82歳 谷 […]

  • 2020年12月8日
  • 2020年12月8日

画家・池田龍雄さんが死去 92歳 ルポルタージュ絵画などを制作

 2020年12月7日の朝日新聞(WEB)、共同通信(WEB)、佐賀新聞(WEB)などによると、反戦、反権力の立場で政治や社会の問題を題材にした「ルポルタージュ絵画」で知られる画家、池田龍雄さんが2020年11月30日、誤えん性肺炎のため死去した。92歳だった。  現在の佐賀県伊万里市生まれ。伊万里 […]

  • 2020年11月18日
  • 2021年5月11日

旧名古屋ボストン美術館短期貸し出しへ 2021年2〜6月にバンクシー展

 2020年11月18日の中日新聞(WEB)などによると、2018年10月まで名古屋ボストン美術館があった名古屋市所有の金山南ビル美術館棟(名古屋市中区)で2021年2~5月、英国の正体不明の芸術家バンクシーの作品展が開かれると、名古屋市が2020年11月17日、明らかにした。  同棟は、借り手が付 […]

>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG