名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します
CATEGORY

ニュース(新聞から)

  • 2020年3月27日
  • 2020年3月28日

あいちトリエンナーレ負担金不払いを決定 名古屋市

2020年3月27日の毎日新聞(WEB)、朝日新聞(WEB)、3月28日の中日新聞などによると、名古屋市の河村たかし市長は3月27日、昨年8〜10月にあった「あいちトリエンナーレ2019」の負担金の未払い分約3400万円について支払わないことを決め、トリエンナーレの実行委員会事務局である愛知県に通知 […]

  • 2020年3月23日
  • 2020年3月24日

あいちトリエンナーレ 文化庁が補助金 減額交付へ

2020年3月23日のNHK WEB NEWS、日本経済新聞(WEB)、24日の中日新聞などによると、 昨年8~10月に開かれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、 慰安婦を象徴する少女像や、昭和天皇の肖像が燃やされる映像など「表現の不自由展・その後」の作品が展示の一時中止に追い込まれた問題で、文 […]

  • 2020年3月18日
  • 2020年3月18日

ひろしまトリエンナーレ 広島県が事前確認の方針

2020年3月18日の朝日新聞(WEB)などによると、2020年9~11月に広島県東部で開かれる国際芸術祭「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」に対して、県が外部委員会を設置し、事前に展示内容を確認する方針だという。美術関係者からは表現の自由への憂慮の声が上がっている。 同紙によると、 […]

  • 2020年3月11日
  • 2020年3月11日

別役実さんが死去 不条理劇の第一人者

2020年3月10日の日経新聞(WEB)、朝日新聞(WEB)、毎日新聞(WEB)、読売新聞(WEB)などによると、不条理劇で戦後日本の現代演劇を切り開いた劇作家、別役実さんが3日、肺炎で亡くなった。82歳。 旧満州(現中国東北部)生まれ。早稲田大政治経済学部在学中に劇団「自由舞台」に参加し、原爆病の […]

  • 2020年3月11日
  • 2020年3月11日

小倉正史さん死去 美術評論家

2020年3月10日の日経新聞などによると、美術評論家の小倉正史さんが3月1日、末梢性T細胞リンパ腫のため、死去した。85歳。共著に「現代美術—アール・ヌーヴォーからポストモダンまで」。美術評論家連盟のWEBサイトによると、小倉さんは1934年生まれ。東京で著作,翻訳,展覧会企画などに携わった。フラ […]

  • 2020年3月7日
  • 2020年3月7日

高山明さんに芸術選奨新人賞 あいちトリエンナーレでコールセンター設置

2020年3月5日の朝日新聞によると、昨年、「あいちトリエンナーレ2019」に出品し、企画展「表現の不自由展・その後」の中止に際し、不自由展に対する多様な意見を電話で受け付けるコールセンターを開設した演出家、アーティストの高山明さんが、文化庁の本年度芸術選奨文部科学大臣新人賞の1人に選ばれた。不自由 […]

  • 2020年3月5日
  • 2020年3月8日

「オタクノミクス」 オタクの経済 日経新聞で連載

オタクノミクスが絶好調  アニメやゲーム、漫画、アイドルなどポップカルチャーに強いこだわりをもつ愛好者「オタク」の勢いがすごい。その最近の動向と彼らが動かす経済をルポした日経新聞の連載記事「オタクノミクス」(2020年3月)が面白い。本編5回と番外編1回で紹介されたオタク経済の最前線を紹介すると—。 […]

  • 2020年2月25日
  • 2020年2月26日

愛知県豊橋市の穂の国とよはし芸術劇場プラットと新国立劇場が連携協定

 2020年2月21日の中日新聞によると、愛知県豊橋市の「穂の国とよはし芸術劇場プラット」を運営する豊橋文化振興財団と、新国立劇場運営財団(東京)が、連携協定を結んだ。劇場事業の活性化と、人材交流・育成が狙い。新国立劇場が劇場と協定を結ぶのは全国6例目で、東海地方では初めて。  豊橋文化振興財団は、 […]

  • 2020年2月22日
  • 2020年3月5日

芳賀徹さん死去 比較文学研究者、静岡県立美術館長などを歴任

2020年2月21日の毎日新聞、日経新聞、共同通信によると、京都造形芸術大学長や静岡県立美術館長を務めた芳賀徹さんが20日、胆のうがんのため東京都内で死去した。88歳。山形市出身。東大教養学部卒。東大教授、国際日本文化研究センター教授などを歴任した。東京大名誉教授。専門は、江戸、明治期の比較文化・文 […]

  • 2020年2月14日
  • 2020年2月14日

ロームシアター京都の新館長就任に平田オリザさんらが公開質問状

2020年2月14日配信の毎日新聞(WEB)によると、演劇関係者らが14日、ロームシアター京都の館長に4月から劇団「地点」代表で演出家の三浦基さんが就任することになった経緯を明らかにするよう、公開質問状を京都市に提出した。背景には、地点の元劇団員の女性がパワハラを受けて一方的に解雇されたと訴えた問題 […]

  • 2020年2月13日
  • 2020年2月13日

東京国立博物館などが平常展の観覧料金を4月から値上げ

 国立文化財機構のWEBサイトによると、東京、京都、奈良、九州の国立博物館などが平常展の観覧料を2020年4月から値上げする。詳細は、 同機構のWEBサイト ( 東京、京都、奈良、九州の各博物館)で。 また、「美術手帖」(WEB)は、2月2日にインサイト記事「過去30年で3倍に。国立博物館の値上げは […]

  • 2020年2月6日
  • 2020年2月6日

愛知県芸術劇場 4月に芸術監督に就任する勅使川原三郎さんが会見

勅使川原三郎さん ©️Norifumi Inagaki  2020年4月から、愛知県芸術劇場の初代芸術監督に就任するダンサー、振付家の勅使川原三郎さんが名古屋と東京で会見を開き、意気込みを語った。2020年2月6日の朝日新聞によると、勅使川原さんは、劇場のこれまでの蓄積を踏まえた継続性を尊重しつつ、 […]

  • 2020年2月5日
  • 2020年2月5日

「あいちトリエンナーレ」組織委と推進協に分けて運営 愛知県が発表

2020年2月5日の朝日新聞、中日新聞、読売新聞などによると、大村秀章知事は4日、「あいちトリエンナーレ2019」で「表現の不自由展・その後」が一時中止になるなど混乱したのを受け、運営体制の見直し案を発表した。 これまでの実行委員会に代わり、民間から起用した会長を責任者とする組織委員会と、知事を会長 […]

  • 2020年2月3日

名古屋市が新年度当初予算案にトリエンナーレ費用計上せず

2020年2月3日の朝日新聞によると、名古屋市は、あいちトリエンナーレの2022年開催に向けた負担金を2020年度当初予算案に計上しないことを決めた。これまでは、毎年度、準備費用を予算に計上していた。19年のトリエンナーレで、会期中にいったん展示が中止になった「表現の不自由展・その後」を巡る混乱が背 […]

  • 2020年1月30日
  • 2020年3月30日

名古屋の落語家 雷門獅篭さんら一門4人 4月から「登龍亭」へ亭号を変更

 名古屋を拠点とする落語家、雷門獅篭さんのツイッター、2020年1月29日の読売新聞などによると、名古屋の雷門一門の4人が2020年4月1日から、亭号を「雷門」から「登龍亭」へと改める。読売新聞によると「登龍亭」は、明治時代に東京の落語家が名乗ったのが最後。大須演芸場のwebサイトによると、「登龍亭 […]

  • 2020年1月10日
  • 2020年3月5日

舞踏家の大野慶人さん死去

 2020年1月9日配信の朝日新聞デジタル、2020年1月10日配信の秋田魁新報電子版などによると、舞踏家・故土方巽さんの作品に多数出演し、国際的に活躍した舞踏家大野慶人(おおの・よしと)さんが8日、敗血症のため横浜市内の病院で死去した。81歳。舞踏家の故大野一雄さんの次男。1959年の公演「禁色」 […]

  • 2019年12月27日
  • 2019年12月28日

年末回顧2019—映画

 2019年の年末を迎え、新聞各紙の年末回顧記事から、今年注目された映画を振り返る。 2019年12月26日の日経新聞夕刊は、映画評論家の中条省平さん、宇田川幸洋さん、渡辺祥子さん、村山匡一郎さんと、同紙編集委員の古賀重樹さんの5人が、「今年の収穫」として3本の秀作を選んだ。  このうち、2人が挙げ […]

  • 2019年12月25日
  • 2019年12月26日

表現の自由について 大村秀章愛知県知事が語る 朝日新聞

 2019年12月24日の朝日新聞のインタビューで、「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」を巡る問題について、愛知県の大村秀章知事がインタビューに答えた。分断社会を目指すべきでない、となどと語った。 大村知事は、全部で106あったトリエンナーレの企画のうち、ただ1つの企画 […]

  • 2019年12月24日
  • 2019年12月25日

年末回顧2019—建築

 2019年の年末を迎え、新聞各紙の年末回顧記事から、今年注目された建築を振り返る。 毎日新聞の2019年12月18日夕刊では、建築史家で東北大大学院教授の五十嵐太郎さんが、この1年間の建築について詳述した。最初に、東京五輪2020に向けた新国立競技場(隈研吾さん設計)、有明アリーナ、有明体操競技場 […]

  • 2019年12月20日
  • 2019年12月24日

年末回顧2019—美術

イケムラレイコ展 2019年の年末を迎え、新聞各紙の年末回顧記事から、今年注目された美術展を振り返る。多くの人が触れたのは、混乱を含め言及された「あいちトリエンナーレ2019」、塩田千春展、「目 非常にはっきりとわからない」、クリスチャン・ボルタンスキー展などだった。2019年12月19日の読売新聞 […]