名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します
CATEGORY

ステージ

  • 2019年11月14日
  • 2019年11月14日

三重で舞台「変半身」 村田沙耶香さん・松井周さん

 「コンビニ人間」(芥川賞)などの作品で知られ、新刊「生命式」が出たばかりの小説家、村田沙耶香さんと、劇作家、演出家、俳優の松井周さんが共同で原案を練り、それぞれに小説と演劇を創作するプロジェクト「INSEPARABLE(インセパラブル)」の一環で、舞台「変半身(かわりみ)」が2019年12月14、 […]

  • 2019年10月30日
  • 2019年10月31日

らせんの練習 久門剛史 KYOTO EXPERIMENT2019

久門剛史「らせんの練習」 撮影:来田猛  2019年10月5〜27日、京都市内で開催された「KYOTO EXPERIMENT2019」のプログラムとして、10月20日にロームシアター京都サウスホールで公演があった久門剛史さんの作品「らせんの練習」を見た。 久門さんは、「あいちトリエンナーレ2016」 […]

  • 2019年10月15日
  • 2019年10月15日

アルディッティ弦楽四重奏団×小尻健太

©︎青柳聡/提供:世田谷文化財団  世界的なカルテット「アルディッティ弦楽四重奏団」による現代音楽と、NDT(ネザーランド・ダンス・シアター)の元所属ダンサー小尻健太さんによるコンテンポラリー・ダンス公演が2019年12月1日午後5時から、名古屋・愛知県芸術劇場小ホールで開かれる。 アルディッティ弦 […]

  • 2019年10月9日
  • 2019年11月13日

「老人ハイスクールDX」OiBokkeShi(オイ・ボッケ・シ)×三重県文化会館

写真は、全て©︎松原豊  三重県文化会館小ホールで2019年9月28、29日、老いのプレーパーク発表公演「老人ハイスクールDX」(作・演出=菅原直樹)があった。菅原さんが主宰するOiBokkeShi、三重県文化会館が組んで2017年から始めた3年がかりのアートプロジェクトの集大成ともいえる公演である […]

  • 2019年9月16日
  • 2019年9月16日

ダンス・セレクション2019 愛知県芸術劇場で10月19日

横山彰乃/lal banshees ©️bozzo  名古屋・栄の愛知県芸術劇場小ホールで2019年10月19日午後3時から、「ダンス・セレクション2019」が開かれる。同劇場プロデューサー選りすぐりの振付家、ダンサーの作品を紹介しようと、2018年に始まった企画。今年も、独自の作風をもつ振付家・ダ […]

  • 2019年7月16日
  • 2019年7月17日

フェスティバル/トーキョーの全プログラム発表

  フェスティバル/トーキョー実行委員会が、フェスティバル/トーキョー19(以下F/T19)の全プグラムを発表した。「からだの速度で」をテーマに、ジャンルや国を横断した12組のアーティストが8カ国から集結。東京芸術劇場、あうるすぽっとなどを会場に、2019年10月5日~11月10日までの37日間、1 […]

  • 2019年7月16日
  • 2019年7月20日

「KYOTO EXPERIMENT」の全プログラム発表

 2019 年 10 月 5 〜27 日に京都市内で開かれる「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2019」の全プログラムが発表された。「世界の響き ーエコロジカルな時代へ」をテーマに、先駆的な活動を展開する世界各地のアーティストによる11の公式プログラムで構成する。西洋に対する東洋 […]

  • 2019年6月20日
  • 2019年6月20日

フェスティバル/トーキョーが参加アーティストを発表

 フェスティバル/トーキョー実行委が、10月5日〜11月10日に東京芸術劇場、あうるすぽっとなどを会場に開く国際芸術祭「フェスティバル/トーキョー19」の参加アーティストを発表した。8カ国の拠点から、12組の多彩なアーティストが集結し、15以上のプログラムを展開。日本・ポーランド国交樹立100周年記 […]

  • 2019年6月17日
  • 2019年7月16日

「俺が代]「日本国憲法を踊る」の凄み—愛知県芸術劇場

 この春、名古屋で見た舞台でどうしても書きたくなったのが、平成時代の終わりに当たって4月中旬から5月上旬にかけ、「さよなら平成ツアー」と題して名古屋、東京、沖縄で再演された劇団「かもめマシーン」の「俺が代」である。主宰の萩原雄太さんは、2013年度のAAF戯曲賞を受賞した「パブリックイメージリミテッ […]

  • 2019年6月9日
  • 2019年6月19日

白水社が岸田戯曲賞選評を発表 —松原俊太郎さん「山山」について

 2019年3月に発表された第63回岸田國士戯曲賞の選評を、主宰する白水社が発表した。受賞作「山山」を書いた松原俊太郎さんは、第15回AAF戯曲賞(愛知県芸術劇場主催)を「みちゆき」で受賞し、作品が2016年、劇団「地点」の三浦基さんの演出によって同劇場で上演された。地点は17年、松原さんの長編「忘 […]

  • 2019年6月9日
  • 2019年6月19日

愛知県芸術劇場がAAF戯曲賞を募集

 愛知県芸術劇場が、第19回AAF戯曲賞の募集を始めた。締め切りは7月31日。上演を前提とした戯曲賞として、2000年に始まった。「戯曲とは何か?」をコンセプトに、固定観念に捉われない作品の応募に期待している。 前回は、109作品の応募があり、山内晶さんの「朽ちた蔓延る」が大賞に決まった。同作品は2 […]

  • 2019年6月5日
  • 2019年6月19日

京都国際舞台芸術祭とフェスティバル/トーキョーが概要発表

 「KYOTO EXPERIMENT 2019(京都国際舞台芸術祭)」と、第12回「フェスティバル/トーキョー19」の事務局がそれぞれ、秋に開催する国際舞台芸術祭の概要を発表した。 KYOTOは、10月5〜27日の日程で、ロームシアター京都、京都芸術センターなどを会場に開催。プログラムのテーマを「世 […]

  • 2019年6月5日
  • 2019年6月19日

シアター・オリンピックスが8、9月に利賀と黒部で開催

 国際的な舞台芸術の祭典、第9回シアター・オリンピックスが8月23日から9月23日まで、富山県の利賀と黒部の両会場で開催される。日本とロシアの共同開催で、日本ではSCOTの鈴木忠志さんが芸術監督を務める。 シアター・オリンピックスは、鈴木さんのほか、テオドロス・テルゾプロス、ロバート・ウィルソン、ユ […]