名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します
CATEGORY

ステージ

  • 2020年1月25日
  • 2020年1月25日

ロームシアター京都の新館長に4月、地点の三浦基さんが就任

 ロームシアター京都のWEBサイトによると、同劇場は2020年4月1日付で、京都を拠点とする劇団「地点」の主宰者で演出家の三浦基さんを新館長に迎える。現館長の平竹耕三さん(京都市文化市民局参事)は退任する。三浦さんは、ロームシアター京都オープニング事業のオペラ『フィデリオ』の演出を務めるなど、京都市 […]

  • 2020年1月24日
  • 2020年1月24日

劇王2020〜人生を変える20分〜世代交流は演劇で 長久手市文化の家

 日本劇作家協会東海支部と愛知・長久手市が主催する短編戯曲のコンペティション「劇王2020〜人生を変える20分〜世代交流は演劇で」が2020年2月8、9日、長久手市文化の家で開かれる。2017 年の「劇王XI アジア大 会」を最後に休止していた劇王が待望の復活を果たす。審査員は、作家・演出家の鴻上尚 […]

  • 2020年1月19日

ふじのくに⇄せかい演劇祭2020 上演全ラインナップ決定!

 SPAC-静岡県舞台芸術センターによる「ふじのくに⇄せかい演劇祭 2020」の上演全ラインナップが決定した。今年も、ゴールデンウイーク中の2020年4月25日〜5月6日、静岡市の静岡芸術劇場、舞台芸術公園、駿府城公園などで、世界の 最先端の舞台芸術が展開される。詳細は、2月中旬に開設する特設サイト […]

  • 2020年1月18日
  • 2020年1月18日

ままごと「ツアー」+「タワー」作・演出 柴幸男 長久手市文化の家

愛知県一宮市出身で、2010年に「わが星」が岸田國士戯曲賞を受賞した劇作家・演出家、柴幸男さん主宰の劇 団 「 ま ま ご と 」による“長久手凱旋公演”が、2020年1月25、26日、愛知・長久手市文化の家で開かれる。上演作品は、2018年初演の中編「ツアー」と、その形式を引き継いだ新作「タワー」 […]

  • 2020年1月9日
  • 2020年1月10日

サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2020

実験的なライブ・パフォーマンスを紹介する「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2020」の公演が2020年2月23日午後2時から、名古屋・栄の愛知芸術文化センター・愛知県芸術劇場小ホールで開かれる。テーマは「音が描く時間」。各アーティストが、表現する作品の始まりから終わりまでの時間を観客にどう体 […]

  • 2020年1月8日
  • 2020年1月11日

第19回AAF戯曲賞は小野 晃太朗「ねー」 愛知県芸術劇場 

 愛知県文化振興事業団(愛知県芸術劇場)が主催する第19回AAF戯曲賞の大賞に「 ねー 」(小野晃太朗さん)、特別賞 に「 うまく落ちる練習」 (三野新さん)が決まった。2020年1月5日、名古屋・栄の愛知芸術文化センター12階アートスペースAで、公開最終審査会が開かれた。全国から136作品の応募が […]

  • 2019年12月30日
  • 2019年12月31日

ライブ・パフォーマンス ON VIEW:Panorama 愛知県芸術劇場

  ダンスと映像の国際共同製作プロジェクト「ON VIEW」シリーズの最終章ともいえるライブ・パフォーマンス「ON VIEW:Panorama」が2020年2月7日から9日まで、名古屋・栄の愛知芸術文化センター・愛知県芸術劇場小ホール(地下1階)で開かれる。5〜16日には、映像インスタレーション「O […]

  • 2019年12月19日
  • 2019年12月31日

三重県文化会館「変半身」

写真は全て©️引地信彦  小説家、村田沙耶香さんと、劇作家、演出家、俳優の松井周さんが共同で原案を練りあげ、それぞれに小説と演劇を創作するプロジェクト「INSEPARABLE(インセパラブル)」による演劇バージョンの舞台「変半身(かわりみ)」が2019年12月14、15日、津市の三重県文化会館で上演 […]

  • 2019年12月11日
  • 2019年12月31日

AAF戯曲賞 公開最終審査会 2020年1月5日開催

 愛知県文化振興事業団(愛知県芸術劇場)は2020年1月5日午後2時から、名古屋・栄の愛知芸術文化センター12階アートスペースAで、AAF戯曲賞の公開最終審査会を開く。定員100人。予約不要。インターネット中継もある(劇場ウェブサイト「AAF戯曲賞」のページからアクセスできる)。全国から136作品の […]

  • 2019年11月30日
  • 2019年12月31日

愛知県芸術劇場が2020年度自主事業を発表

 地点×空間現代「グッド・バイ」©️片山達貴  愛知県芸術劇場が、2020年度の自主事業ラインナップを発表した。初登場となる新国立劇場バレエ団は大ホールで「不思議の国のアリス」を上演。愛知県出身でプリンシパルを務める米沢唯が出演する。夏のファミリー・プログラムでは、日生劇場ファミリーフェスティヴァル […]

  • 2019年11月27日
  • 2019年12月31日

ムンク/幽霊/イプセン 愛知県芸術劇場・愛知県美術館

エドヴァルド・ムンク Edvard MUNCH 《イプセン『幽霊』からの一場面》1906年 テンペラ、画布 愛知県美術館蔵  ノルウェーの画家、エドヴァルド・ムンク(1863〜1944年)が描いた愛知県美術館所蔵の絵画《イプセン『幽霊』からの一場面》と、モチーフとなったノルウェーの劇作家、ヘンリック […]

  • 2019年11月22日
  • 2019年11月22日

燐光群の新作「憲法くん」 名古屋で12月19、20日に上演

 劇団「燐光群」の新作「憲法くん」が2019年19、20日、名古屋・栄の愛知県芸術劇場小ホールで上演される。20年以上、松元ヒロによって演じられてきたオリジナルの1人芝居「憲法くん」を演劇にする権利が燐光群の坂手洋二に認められ実現した。松元の「憲法くん」は、現実に立ち向かうすがすがしさ、困難に打ち勝 […]

  • 2019年11月14日
  • 2019年11月14日

三重で舞台「変半身」 村田沙耶香さん・松井周さん

 「コンビニ人間」(芥川賞)などの作品で知られ、新刊「生命式」が出たばかりの小説家、村田沙耶香さんと、劇作家、演出家、俳優の松井周さんが共同で原案を練り、それぞれに小説と演劇を創作するプロジェクト「INSEPARABLE(インセパラブル)」の一環で、舞台「変半身(かわりみ)」が2019年12月14、 […]

  • 2019年10月30日
  • 2020年1月24日

らせんの練習 久門剛史 KYOTO EXPERIMENT2019

久門剛史「らせんの練習」 撮影:来田猛  2019年10月5〜27日、京都市内で開催された「KYOTO EXPERIMENT2019」のプログラムとして、10月20日にロームシアター京都サウスホールで公演があった久門剛史さんの作品「らせんの練習」を見た。 久門さんは、「あいちトリエンナーレ2016」 […]

  • 2019年10月15日
  • 2019年10月15日

アルディッティ弦楽四重奏団×小尻健太

©︎青柳聡/提供:世田谷文化財団  世界的なカルテット「アルディッティ弦楽四重奏団」による現代音楽と、NDT(ネザーランド・ダンス・シアター)の元所属ダンサー小尻健太さんによるコンテンポラリー・ダンス公演が2019年12月1日午後5時から、名古屋・愛知県芸術劇場小ホールで開かれる。 アルディッティ弦 […]

  • 2019年10月9日
  • 2019年12月17日

「老人ハイスクールDX」OiBokkeShi(オイ・ボッケ・シ)×三重県文化会館

写真は、全て©︎松原豊  三重県文化会館小ホールで2019年9月28、29日、老いのプレーパーク発表公演「老人ハイスクールDX」(作・演出=菅原直樹)があった。菅原さんが主宰するOiBokkeShi、三重県文化会館が組んで2017年から始めた3年がかりのアートプロジェクトの集大成ともいえる公演である […]

  • 2019年9月16日
  • 2019年11月30日

ダンス・セレクション2019 愛知県芸術劇場で10月19日

横山彰乃/lal banshees ©️bozzo  名古屋・栄の愛知県芸術劇場小ホールで2019年10月19日午後3時から、「ダンス・セレクション2019」が開かれる。同劇場プロデューサー選りすぐりの振付家、ダンサーの作品を紹介しようと、2018年に始まった企画。今年も、独自の作風をもつ振付家・ダ […]

  • 2019年7月16日
  • 2019年7月17日

フェスティバル/トーキョーの全プログラム発表

  フェスティバル/トーキョー実行委員会が、フェスティバル/トーキョー19(以下F/T19)の全プグラムを発表した。「からだの速度で」をテーマに、ジャンルや国を横断した12組のアーティストが8カ国から集結。東京芸術劇場、あうるすぽっとなどを会場に、2019年10月5日~11月10日までの37日間、1 […]

  • 2019年7月16日
  • 2019年7月20日

「KYOTO EXPERIMENT」の全プログラム発表

 2019 年 10 月 5 〜27 日に京都市内で開かれる「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2019」の全プログラムが発表された。「世界の響き ーエコロジカルな時代へ」をテーマに、先駆的な活動を展開する世界各地のアーティストによる11の公式プログラムで構成する。西洋に対する東洋 […]

  • 2019年6月20日
  • 2019年6月20日

フェスティバル/トーキョーが参加アーティストを発表

 フェスティバル/トーキョー実行委が、10月5日〜11月10日に東京芸術劇場、あうるすぽっとなどを会場に開く国際芸術祭「フェスティバル/トーキョー19」の参加アーティストを発表した。8カ国の拠点から、12組の多彩なアーティストが集結し、15以上のプログラムを展開。日本・ポーランド国交樹立100周年記 […]