CATEGORY

美術

  • 2021年12月1日
  • 2021年12月2日

佐藤香菜展-美しいものを探す旅- IDF(名古屋)12月12日まで

GALLERY IDF(名古屋) 2021年11月27日~12月12日 佐藤香菜  佐藤香菜さんは1982年、愛知県生まれ。2007年、沖縄県立芸術大学美術工芸学部美術学科絵画専攻卒業。動物を主要なモチーフに油絵具で描いている。  GALLERY IDFなどで個展を開催。2013年には、愛知県美術館 […]

  • 2021年11月29日
  • 2021年12月1日

松本幹永展なうふ現代(岐阜市)で12月12日まで

なうふ現代(岐阜市) 2021年11月20日〜12月12日 松本幹永  松本幹永さんは1963年、愛知県生まれ。1985年、名古屋芸術大学美術学部洋画専攻卒業。  筆者は、1990年代中ごろから、愛知県一宮市のギャラリーOH、織部亭での個展、グループ展などを見てきた。  2019年には、松本さんが家 […]

  • 2021年11月28日
  • 2021年11月28日

白鳥庭園(名古屋)で景の園【アートの景】

白鳥庭園(名古屋) 2021年11月20日〜12月12日 開園30周年記念 観楓会 『景の園』Landschaft(ラントシャフト) 華、茶、アートで楽しむ秋の庭  開園30周年を迎えた名古屋市の白鳥庭園で開催されているアート展である。ちょうど紅葉が見頃で、作品とともに楽しむことができる。  池泉回 […]

  • 2021年11月26日
  • 2021年11月26日

“うぶかた” 中田由絵展 L gallery(名古屋)で12月5日まで

L gallery(名古屋) 2021年11月13日〜12月5日 中田由絵  中田由絵さんは1976年、名古屋市生まれ。1999年、名古屋芸術大学美術学部卒業、2001年、京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。名古屋市を拠点に制作している。  大学、大学院では版画を中心に学んだ。中田さんの作品は折々 […]

  • 2021年11月24日
  • 2021年11月28日

長者町コットンプロジェクトチーム+365 wishes(神村泰代)

長者町コットンビル1F(名古屋市中区錦2-11-24) 2021年11月19〜28日 神村泰代  神村泰代さんは 愛知県半田市出身。 名古屋芸術大学美術学部絵画科洋画卒業。同大学絵画科洋画研究生修了。卒業後は、主に関西で活動してきた。   オーディションによって、河瀬直美監督のカンヌ国際映画祭カメラ […]

  • 2021年11月21日
  • 2021年11月21日

名古屋市美術館 現代美術のポジション 2021-2022

現代美術のポジション 2021-2022  名古屋市内や近隣地域で活躍するアーティストなどと作品を全国に発信する「現代美術のポジション 2021-2022」が2021年12月11日~2022年2月6日 、名古屋市美術館で開催される。  1994年に始まり、今回が通算6回目。  対象は、東海3県出身の […]

  • 2021年11月20日
  • 2021年11月20日

ポーラ美術館特別協力 new-fashioned:日本洋画 美の系譜 岐阜県美術館で

山本芳翠《裸婦》1880年頃 岐阜県美術館蔵 【重要文化財】 遥かなる美の境地にむけて、現代の視点から洋画の系譜をたどる  岐阜市の岐阜県美術館で2021年12月10日〜2022年3月13日、「ポーラ美術館特別協力 new-fashioned:日本洋画 美の系譜」が開催される。   西洋文化が流入し […]

  • 2021年11月19日
  • 2021年11月18日

三毛あんりエビスアートラボ(名古屋)12月5日まで

YEBISU ART LABO(名古屋) 2021年11月12日〜12月5日 三毛あんり  三毛あんりさんは1990年、東京都生まれ。多摩美術大学造形学部造形学科日本画専攻卒業、同大学大学院修士課程絵画専攻日本画研究領域修了。  名古屋では、初めての個展である。筆者は当然ながら、初めて拝見する。作品 […]

  • 2021年11月18日
  • 2021年11月18日

ARTS CHALLENGE 2022(アーツ・チャレンジ) 2022年1⽉22⽇-2⽉6⽇愛知芸術文化センターで

ARTS CHALLENGE 2022  国際芸術祭「あいち」組織委員会 が、2022年1⽉22⽇〜2⽉6⽇に愛知芸術文化センター(名古屋・栄)で開く「ARTS CHALLENGE 2022」(アーツ・チャレンジ)の概要を発表した。 観覧料無料 。  国際芸術祭「あいち 2022 」のプレイベントと […]

  • 2021年11月17日
  • 2021年11月17日

染谷亜里可+ D.D. SA・KURA(名古屋)で11月13~28日

愛知県立芸術大学サテライトギャラリー SA・KURA(名古屋) 2021年11月13~28日 染谷亜里可 D.D.  染谷亜里可さんと、染谷さんのパートナーでもある今村哲さんによるアーティストユニット、D.D.による展示である。  染谷さんと今村さんは、それぞれに平面作品などを発表する一方で、D.D […]

  • 2021年11月16日
  • 2021年11月16日

高島大理展 / 彼方 11月21日まで

高島大理 galerie deux deux・ギャルリードゥドゥ(名古屋) 2021年11月11日〜21日 ​ 高島大理さんは1989年、多摩美術大学絵画科油絵専攻卒業。筆者と同世代で、仕事をしながら制作を続けてきた。  若い30代の頃、画廊で作品を見たが、その後、まとまったかたちで作品を見る機会は […]

  • 2021年11月15日
  • 2021年11月15日

名古屋市博物館 特別展「大雅と蕪村―文人画の大成者」12月4日-1月30日

特別展「大雅と蕪村―文人画の大成者」  江戸時代中頃に文人画を大成した画家、池大雅(1723~1776年)と与謝蕪村(1716~1783年)を紹介する特別展「大雅と蕪村―文人画の大成者」が2021年12月4日~2022年1月30日、名古屋市博物館で開催される。  2人が描き、かつて鳴海宿(名古屋市緑 […]

  • 2021年11月13日
  • 2021年11月12日

杉浦非水 時代をひらくデザイン 三重県立美術館で11月23日-1月30日

杉浦非水 時代をひらくデザイン  日本におけるモダンデザインの草分けとして知られる杉浦非水(すぎうら・ひすい 1876-1965年)の代表作を紹介する「杉浦非水 時代をひらくデザイン」が2021年11月23日〜2022年1月30日、津市の三重県立美術館で開催される。  ポスターや図案集などの代表作に […]

  • 2021年11月12日
  • 2021年11月12日

THIS IS YAMANAMI!  文化フォーラム春日井で11月27日-12月19日

河合由美子《まる》2019 THIS IS YAMANAMI! 毎日をつくる、やまなみ工房の人々  愛知県春日井市の文化フォーラム春日井・ギャラリーで2021年11月27日~12月19日、「やまなみ工房」( 滋賀県甲賀市)の利用者によるアート作品を紹介する「THIS IS YAMANAMI! 毎日を […]

  • 2021年11月11日
  • 2021年11月11日

アッセンブリッジ・ナゴヤがフェスティバルからアーティスト・イン・レジデンスへ

港まちでうまれる音楽とアート  音楽と現代美術のフェスティバルとして、2016年から名古屋の港まちを舞台に続けられたアッセンブリッジ・ナゴヤが2021年度から、アーティストがまちに滞在し、制作や活動を展開する「アーティスト・イン・レジデンス(Artist in Residence)=AIR」を中心と […]

  • 2021年11月10日
  • 2021年11月11日

「旅色〜版と陶〜森岡完介 / 酒井智也 二人展」Gallery 佑

Gallery 佑(名古屋) 2021年11月6〜21日 旅色〜版と陶〜森岡完介 / 酒井智也 二人展  名古屋市の版画家・画家の森岡完介さんと、愛知県瀬戸市の陶芸家、酒井智也さんの2人展である。森岡さんについては、2021年1、2月の個展の際に詳細な記事を執筆しているので、今回は、酒井さんにフォー […]

  • 2021年11月7日
  • 2021年11月8日

森岡完介「1975」版画展〜鯉江良二さんを偲ぶ〜 11月21日まで

サロンジャルダンアートギャラリー(名古屋) 2021年11月6〜21日 森岡完介  森岡完介さん1941年、名古屋市昭和区生まれ。愛知学芸大学(現在の愛知教育大学)美術科を卒業した。  主に風景をモチー フにしてきた版画家 、画家である。詳細は、2021年1、2月に東京、名古屋であった個展の際に書い […]

  • 2021年11月3日
  • 2021年11月3日

2022-2023年 主な展覧会 愛知(名古屋)、三重、岐阜の美術館・博物館(随時更新)

《愛知県美術館》 ☆ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術 2022年1月22日〜3月13日  ドロテ&コンラート・フィッシャー夫妻によって、1967 年にデュッセルドルフで立ち上げられたフィッシャ ー・ギャラリーは、その類い稀な先見性と幅広い活 […]

>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG