CATEGORY

美術

  • 2021年2月27日
  • 2021年2月27日

鈴木雅明展 ガレリアフィナルテ (名古屋)2月27日まで 「机上の光」

ガレリア フィナルテ(名古屋) 2021年2月11〜27日  鈴木雅明さんは1981年、愛知県生まれ。名古屋造形大を経て、2008年、愛知県立芸大大学院美術研究科油画専攻を修了した。愛知県尾張旭市を拠点に制作している。  筆者が長く見てきた画家である。  かつては、都市の夜景を撮影した、ピントの甘い […]

  • 2021年2月23日
  • 2021年2月23日

戸次祥子展 ギャラリーサンセリテ 2月23日まで

ギャラリーサンセリテ(愛知県豊橋市) 2021年2月6〜23日 ムーヴメント  戸次祥子さんは1979年、大阪府出身。大阪大で教育学を、京都造形芸術大通信過程で主にグラフィックデザインを学び、木口木版の世界に入った。  2007年、結婚を機に愛知県に転居。豊川市を拠点に制作している。  本の装画など […]

  • 2021年2月13日
  • 2021年2月15日

一宮市三岸節子記念美術館 自画像展 3月14日まで

企画展「自画像展~ひとみの中に自分がいる~」  愛知県一宮市の同市三岸節子記念美術館で、2021年1月30日~3月14日、企画展「自画像展~ひとみの中に自分がいる~」が開かれている。  一宮市出身の洋画家、三岸節子(1905〜1999年)の原点となるデビュー作が20歳の『自画像』(1925年)である […]

  • 2021年2月10日
  • 2021年2月10日

杉山健司・浅田泰子  2月14日まで スタンディングパイン(名古屋)

STANDING PINE(名古屋) 2021年2月6〜14日 「ウチの犬の言うことには」  夫婦である杉山健司さんと浅田泰子さんの2人展である。単におのおのが好きに作品を展示したわけではなく、フィクションの枠組みを設定した上で出品している。  杉山さんと浅田さんは、2008年を皮切りに継続して、こ […]

  • 2021年2月7日
  • 2021年2月7日

藤原葵「閃光」gallery N(名古屋)2月14日まで

gallery N(名古屋) 2021年1月23日〜2月14日  藤原葵さんは、1994年、愛知県生まれ。名古屋芸術大学で吉本作次さんから指導を受けた。2019年、若くして「あいちトリエンナーレ2019」に出品した。  gallery Nでは2018、2019年に続いて、3回目の個展である。2回目の […]

  • 2021年2月5日
  • 2021年4月9日

バンクシー展 鑑賞ガイド 旧名古屋ボストン美術館(愛知県)で 5月31日まで

天才か反逆者か  名古屋の金山駅南口で  2018年からモスクワ、マドリード、リスボン、大阪など、世界7都市で100万人以上を動員した「バンクシー展 天才か反逆者か」が、2021年2月3日から5月31日まで、名古屋・金山の旧名古屋ボストン美術館(金山南ビル)で開かれている。  旧名古屋ボストン美術館 […]

  • 2021年2月4日
  • 2021年2月4日

境界のかたち 現代美術 in 大府 2月14日まで

 愛知県が次代の若手芸術家の発掘・育成と現代美術の普及を目的に、大府市と共催し、地域展開を図る現代美術展「境界のかたち 現代美術 in 大府」が、2021年1月23日〜2月14日、大府市おおぶ文化交流の杜 allobu(愛知県大府市柊山町6丁目150-1)で開かれている。  allobuは、図書館や […]

  • 2021年2月2日
  • 2021年2月4日

象られた土、広がる庭 愛知県立芸術大 SA・KURA 2月14日まで

 愛知県立芸術大学サテライトギャラリー SA・KURA(名古屋) 2021年1月30日〜2月14日 象られた土、広がる庭  愛知県立芸術大学出身で、陶や土を素材に「彫刻」で表現する5人のグループ展である。  企画者は、同大学美術学部彫刻専攻准教授の竹内孝和さんで、自身も出品した。ほかの4人は、30歳 […]

  • 2021年1月29日
  • 2021年3月1日

「ストリーミング・ヘリテージ|台地と海のあいだ」 3月12~28日 アーティスト決定

新たな現代アートイベント名古屋城から熱田までの堀川沿いが舞台  「なごや日本博事業実行委員会」が、新たな現代アートイベント「ストリーミング・ヘリテージ | 台地と海のあいだ」を2021 年 3月12 ~28日(期間中の金・土・日曜日) に開催する。 参加アーティストも発表された。情報は、随時追加する […]

  • 2021年1月29日
  • 2021年1月29日

干場月花展 清須市はるひ美術館 1月31日まで

 清須市はるひ美術館(愛知県清須市) 2021年1月9~31日 一人ひとりの世界の中で。  干場月花さんは1993年、兵庫県生まれ。2016年、日本大学芸術学部美術学科絵画コースを卒業した。  今展は、清須市はるひ絵画トリエンナーレアーティストシリーズの一環。干場さんは、 2015年の第8回はるひ絵 […]

  • 2021年1月28日
  • 2021年1月28日

松村咲希 Combinations  LAD(名古屋)2月6日まで

LAD GALLERY(名古屋) 2021年1月23日〜2月6日  松村咲希さんは1993年、長野県生まれ。2017年、京都造形芸術大学芸術研究科修士課程芸術専攻ペインティング領域修了。名古屋では初めての作品発表となる。  2021年2月13、14日(12日はプレビュー)のアートフェア「ART NA […]

  • 2021年1月27日
  • 2021年2月2日

都市の方舟/Arc of The City 金山南ビル美術館棟でオンラインアート展

我々は何に乗り何処へ行くのか? 旧ボストン美術館で開催  名古屋市の金山南ビル美術館棟(旧名古屋ボストン美術館)に現代美術作品を展示した「都市の方舟/Arc of The City 我々は何に乗り何処へ行くのか?」が2021年1月、観客限定で開催された。  一般向けには、2021 年2 月1 日午前 […]

  • 2021年1月26日
  • 2021年1月26日

近藤葉子 陶展 ハートフィールド(名古屋)1月31日まで

ハートフィールドギャラリー(名古屋) 2021年1月21〜31日  近藤葉子さんは1968年、北海道生まれ。愛知県窯業高等技術専門校専攻科修了後の1999~2001年、愛知・瀬戸市新世紀工芸館陶芸コースの1期生として学んだ。瀬戸市を拠点に制作している。  個展のほか、2014年の「現代陶芸現象」展( […]

  • 2021年1月23日
  • 2021年1月23日

鈴木広行 展 Time Layers 名古屋で 1月30日まで

STANDING PINE(名古屋) 2021年1月16〜30日  鈴木広行さんの個展「Time Layers」が、 名古屋のSTANDING PINEで開催されている。展覧会の企画は、SHUMOKU GALLERYとなる。  鈴木広行さんは1950年、愛知県刈谷市生まれ。旭丘高校を卒業後に上京。篠 […]

  • 2021年1月21日
  • 2021年1月21日

清野祥一展 ウエストベスギャラリーコヅカ(名古屋)2月6日まで

ウエストベスギャラリーコヅカ(名古屋) 2021年1月19日〜2月6日  清野祥一さんは、1948年、北海道生まれ。愛知県長久手市在住。ギャラリーでの個展のほか、1995年の第一回光州ビエンナーレ(韓国)などにも出品したベテランである。  陶芸と現代美術にまたがる作品を展開してきた。  物質の焼成と […]

  • 2021年1月20日
  • 2021年1月20日

柄澤健介個展 分水嶺 アインソフディスパッチ(名古屋) 2月6日まで

AIN SOPH DISPATCH(名古屋) 2021年1月16日~2月6日 柄澤健介個展 アインソフディスパッチ(名古屋)  柄澤健介さんは1987年、愛知県豊田市生まれ。旭丘高校美術科から金沢美術工芸大に進み、2013年、同大学院彫刻専攻を修了した。  現在は、母校の旭丘高校で教えながら、自身の […]

  • 2021年1月17日
  • 2021年1月17日

赤塚祐二&伊藤誠展 ガレリアフィナルテ(名古屋)2月6日まで

ガレリア フィナルテ(名古屋) 2021年1月12日〜2月6日  1955年、名古屋市出身の彫刻家、伊藤誠さんと、1955年、鹿児島県生まれの画家、赤塚祐二さんの2人展である。  筆者は、1990年代後半、フィナルテでの個展を取材しているが、それから20年以上が過ぎた。  とても、気持ちの良い展示空 […]

>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG