• 2022年10月24日
  • 2022年10月25日

桑迫伽奈 FLOW(名古屋)で10月8日-11月6日

PHOTO GALLERY FLOW NAGOYA(名古屋) 2022年10月8日〜11月6日 桑迫伽奈  桑迫伽奈さんは2013年、札幌市生まれ、札幌市在住。北海道教育大学岩見沢校美術コース卒業。  2019年、清里フォトアートミュージアム「ヤング・ポートフォリオ」入選。2019年、HOKKAID […]

  • 2022年10月19日
  • 2022年10月19日

一宮市三岸節子記念美術館(愛知県)特別展「河鍋暁翠展 父・暁斎から娘へ受け継がれた伝統」10月22日-12月4日

河鍋暁翠《毘沙門天寅狩之図》明治 22(1889)年、河鍋暁斎記念美術館蔵 明治時代から昭和初めまで活躍した女流日本画家 画業の全貌を紹介する初の展覧会  愛知県一宮市の同市三岸節子記念美術館で2022年10月22日~12月4日、特別展「河鍋暁翠展 父・暁斎から娘へ受け継がれた伝統」が開かれる。   […]

  • 2022年10月18日
  • 2022年10月19日

武村和紀展 目黒陶芸館(三重県四日市市)10月16-23日

ギャラリー目黒陶芸館(三重県四日市市) 2022年10月16〜23日 武村和紀  武村和紀さんは1986年、岐阜県中津川市生まれ。 2011年、愛知教育大学大学院教育学研究科修了。 愛知教育大では、中島晴美さんから陶芸を学び、現在は、京都・大原を制作拠点としている。  公募展への出品を重ねた後、関西 […]

  • 2022年10月17日
  • 2022年10月17日

清須ゆかりの作家 阿野義久展 生命形態 -日常・存在・記憶-清須市はるひ美術館(愛知)9月10日-11月13日

阿野義久  愛知県清須市の同市はるひ美術館で2022年9月10日~11月13日、「清須ゆかりの作家 阿野義久展 生命形態 ―日常・存在・記憶―」が開かれている。「清須ゆかりの作家」シリーズの8回目。  阿野義久さんは1958年、長野県生まれ。1985年、愛知県立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。 […]

  • 2022年10月14日
  • 2022年10月14日

豊田市美術館展覧会「ゲルハルト・リヒター」イベント一覧

会期中に講演会、映画上映会などを開催  2022年10月15日〜2023年1月29日に愛知・豊田市美術館で開催される展覧会「ゲルハルト・リヒター」で、講演会や映画上映会などのイベントが決まった。 ◎レクチャー「リヒターとアメリカ」 講師 荒川徹さん(視聴覚芸術研究・愛知淑徳大学准教授)  ドイツのア […]

  • 2022年10月14日
  • 2022年10月14日

佐藤雅之 多治見市陶磁器意匠研究所(岐阜)2022年9月9日-10月16日

多治見市陶磁器意匠研究所(岐阜県) 2022年9月9日〜10月16日 佐藤雅之  佐藤雅之さんは1968年、新潟県生まれ。1993年、武蔵野美術大学短期大学部工芸デザイン専攻陶磁コース卒業。1997年に多治見市陶磁器意匠研究所を修了した。現在、茨城県立笠間陶芸大学校の特命教授を務めている。  国際陶 […]

  • 2022年10月13日
  • 2022年10月13日

アートフェスティバル「久屋ぐるっとアート2022」名古屋の久屋エリアで11月3-6日に開催

久屋ぐるっとアート2022  アートフェスティバル「久屋ぐるっとアート 2022」が2022年11月3~6日、名古屋市の中心部、久屋(栄北)エリア一帯で開催される。入場は無料(一部に有料の催しもある)。  愛知県芸術劇場が、North Seven、栄公園地区連携協議会、久屋大通発展会などの地域団体に […]

  • 2022年10月13日
  • 2022年10月13日

伏木啓 エビスアートラボで9月30日-10月30日 伏木啓+井垣理史 長者町コットンビルで10月9,10,14-16日

YEBISU ART LABO (名古屋)  2022年9月30日〜10月30日 長者町コットンビル (名古屋) 2022年10月9、10、14〜16日 伏木啓  演出家・映像作家の伏木啓さんの展覧会が名古屋・長者町の2カ所で開かれている(長者町コットンビルでの展示は、井垣理史さんが空間構成・装置で […]

  • 2022年10月12日
  • 2022年10月12日

ジブリパーク開園記念「ジブリパークとジブリ展」愛知県美術館で10月29日-12月25日 9月30日から日時指定券発売 

ジブリパーク誕生の舞台裏を紹介する展覧会  2022年11月1日に愛知県長久手市の「愛・地球博記念公園」内に「ジブリパーク」がオープンするのを記念し、パーク誕生の舞台裏を紹介する展覧会「ジブリパークとジブリ展」が10月29日~12月25日、名古屋・栄の愛知県美術館で開催される。  チケットは、 混雑 […]

  • 2022年10月10日
  • 2022年10月11日

杉谷遊人 アートラボあいち(名古屋)で2022年10月1-16日

アートラボあいち(名古屋市中区)  2022年10月1〜16日 杉谷遊人  国際芸術祭「あいち2022」の会期(2022年7月30日~10月10日)に合わせて企画された国際芸術祭「あいち2022」芸術大学連携プロジェクト「アートラボあいちと四芸大による連続個展」の一環。  アートラボあいちのスタッフ […]

  • 2022年10月9日
  • 2022年10月11日

河合里奈「確かに存在する今、を咀嚼する」GALERIE hu:(名古屋)で2022年9月24-10月14日

GALERIE hu:(名古屋) 2022年9月24日〜10月14日 河合里奈  河合里奈さんは1995年、愛知県生まれ。2018年、名古屋芸術大学卒業。2019年に、「あいちトリエンナーレ2019」に合わせて開かれた「情の深みと浅さ」展に出品した。  2020年に最初の個展「意識ノ断片」をギャルリ […]

  • 2022年10月8日
  • 2022年10月8日

作曲家の一柳慧さんが死去 89歳

   報道によると、日本を代表する現代音楽の作曲家で、ピアニストの一柳慧さんが2022年10月7日、東京都内の病院で死去した。89歳だった。前衛音楽の分野で活躍し、2018年に文化勲章を受章した。  1933年、神戸市生まれ。19歳で渡米。米ニューヨークのジュリアード音楽院で作曲を学んだ。  前衛音 […]

  • 2022年10月7日
  • 2022年10月7日

坪井孟幸展 ギャラリーA・C・S(名古屋)2022年10月1〜15日

ギャラリーA・C・S(名古屋) 2022年10月1〜15日 坪井孟幸  坪井孟幸さんは1943年、名古屋市生まれ。武蔵野美術大学卒業。名古屋市緑区で制作し、1996年からA・C・Sで個展を開いている。  銅版画、ドローイングなどを発表。吉田川(岐阜県)でのアマゴ釣りをきっかけに、40代半ばの1990 […]

  • 2022年10月6日
  • 2022年10月7日

藤原更 (Sarah Fujiwara) 展 ギャラリーノイボイ(名古屋)で9月30-10月9日

Gallery noivoi(名古屋) 2022年9月30日〜10月9日 Sarah Fujiwara  藤原更さんは愛知県津島市出身。現在は、名古屋市を拠点に作品を発表している。幼少の頃から、祖父の二眼レフに触れていたが、写真を本格的に学んだのは20代後半である。  狩野派や琳派などの日本の美術や […]

  • 2022年10月5日
  • 2022年10月5日

ゴッホの世界に飛び込め!「ゴッホ・アライブ」名古屋・金山南ビルで12月10日-3月5日、神戸・兵庫県立美術館ギャラリー棟で3月18日-6月4日に開催

©️RB Create 日本初上陸! 名古屋・神戸で開催決定! 全世界850万人が感動した五感で体験する没入型展覧会 Photo: Grande Experiences  世界を巡回し、850万人以上を感動させた新感覚の没入型展覧会「ゴッホ・アライブ」が2022年冬から2023年初夏にかけ、名古屋、 […]

  • 2022年10月4日
  • 2022年10月4日

第20回AAF 戯曲賞受賞記念公演『リンチ(戯曲)』愛知県芸術劇場小ホールで11月4-6日に上演

公演イメージ画像 (C)久富健太郎 戯曲はどこまで飛躍できるか。ダンサーが挑む脱 ・演劇  愛知県芸術劇場主催の「第20回AAF戯曲賞」(公開最終審査会:2021年1月)で大賞に選ばれた『リンチ(戯曲)』が2022年11月4~6日、同劇場小ホールで上演される。チケットは、10月7日午前10時から発売 […]

  • 2022年10月3日
  • 2022年10月3日

横川寛人監督『怪猫狂騒曲』シアターカフェ(名古屋)で10月8-10日上映

『怪猫狂騒曲』 名古屋で初公開  横川寛人監督の新作映画『怪猫狂騒曲』が2022年10月8~10日、名古屋市東区白壁のシアターカフェで上映される。音楽は、名古屋市出身の作曲家、渡辺宙明さん。名古屋初公開となる。  6月23日に96歳で逝去された渡辺さんの追悼上映でもある。  2021年に上映した『ネ […]

>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG