井上 昇治
AUTHOR

井上 昇治

1964年、名古屋市生まれ。1989年、中日新聞社に入社し、新聞記者として、文化部、生活部などで美術、演劇、映画、食品、住宅、年金やマネーなどを担当。現在は、企業や大学向けの文章講座の講師、教材開発などを担当している。また、2002年10月、名古屋で芸術批評誌REARを有志で立ち上げ、2011年頃まで編集。2019年6月には、WEBサイトOutermostNAGOYAをスタートした。アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング関係者や、ビジネスパーソン、学生向けに、文章力向上のための教材、メディア開発に取り組んでいる。

  • 2022年11月30日
  • 2022年11月29日

『ワタシタチハニンゲンダ!』シアターカフェ(名古屋)で12月3-9日上映

外国人差別の本質に迫るドキュメンタリー  外国人差別の本質に迫る高賛侑監督のドキュメンタリー映画『ワタシタチハニンゲンダ!』が2022年12月3~9日、名古屋市東区白壁のシアターカフェで上映される。  外国人学校に対する官製ヘイト、技能実習生、難民、入管の実態等を通じて、在日外国人に対する差別政策、 […]

  • 2022年11月29日
  • 2022年11月29日

藤本由紀夫-時間について ギャラリーキャプション(岐阜市)で11月12日-12月4日

GALLERY CAPTION(岐阜市) 2022年11月12日~12月4 藤本由紀夫  藤本由紀夫さんは1950年、名古屋市生まれ。大阪芸術大学音楽科卒業。大阪市在住。  1970年代から、エレクトロニクスを利用したパフォーマンスやインスタレーションを展開。1986年頃からは、オルゴールと身の周り […]

  • 2022年11月28日
  • 2022年11月28日

ヌトミック『ぼんやりブルース2022』愛知県芸術劇場小ホールで12月2、3日上演

『ぼんやりブルース』初演(C)コムラマイ(2021年10月こまばアゴラ劇場) 東日本大震災、パンデミックが背景 現代を多様な音楽とともに描く  東京を拠点に活動する演劇カンパニー、ヌトミックの最新作『ぼんやりブルース2022』」が2022年12月2、3日、名古屋・栄の愛知県芸術劇場小ホールで上演され […]

  • 2022年11月27日
  • 2022年11月27日

映画監督の崔洋一さんが死去 73歳

 報道によると、映画監督の崔洋一さんが2022年11月27日、ぼうこうがんのため、死去した。73歳だった。  「月はどっちに出ている」「血と骨」など、在日コリアンを描いた作品で知られる。前日本映画監督協会理事長  長野県出身。在日朝鮮人の父と日本人の母の間に生まれた。大島渚監督の「愛のコリーダ」の助 […]

  • 2022年11月25日
  • 2022年11月26日

戸谷成雄 彫刻 ある全体として Entity 長野県立美術館 11月4日-2023年1月29日開催 2月25日-5月14日埼玉県立近代美術館に巡回

「彫刻とはなにか」を問う  日本の現代彫刻を代表する彫刻家、戸谷成雄さん(1947年、長野県小川村生まれ、武蔵野美術大学彫刻学科名誉教授。)の回顧展「戸谷成雄 彫刻 ある全体として Entity」が2022年11月4日から2023年1月29日まで、長野県立美術館で開催されている。  2023年2月2 […]

  • 2022年11月24日
  • 2022年11月24日

大野不動 エビスアートラボ(名古屋)で11 月4日-12月4日

YEBISU ART LABO(名古屋) 2022年11月4日〜12月4日 大野不動  大野不動さんは1995年、愛知県生まれ。2022年に愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程油画・版画領域を修了。今回が初個展となる。  大学院1年だった2018年、黒一色の油絵で何ができるかを考えていた。そ […]

  • 2022年11月23日
  • 2022年11月23日

土屋敦資展―木版画・銅版画―ギャラリーA・C・S(名古屋)で2022年11月12-26日

ギャラリーA・C・S(名古屋) 2022年11月12〜26日 土屋敦資  土屋敦資さんは1962年、名古屋市生まれ。愛知教育大出身。名古屋市緑区を拠点に制作している。ギャラリーA・C・S(名古屋)で一年おきに個展を開いている。2020年の個展レビューはこちら。  自然をモチーフにした版画を発表してき […]

  • 2022年11月22日
  • 2022年11月22日

フランスの映画監督、ジャンマリー・ストローブさんが死去 89歳

 報道によると、フランスの映画監督、ジャンマリー・ストローブさんが2022年11月20日、スイス西部ロールの自宅で死去した。89歳。2006年に死去した妻のダニエル・ユイレさんと共同で、ストローブ=ユイレとして、文学作品などを翻案した詩的な映像を紡いだ。  1933年、フランス北東部のメッス生まれ。 […]

  • 2022年11月21日
  • 2022年11月21日

愛知県美術館・豊田市美術館 同時期開催コレクション展 「徳冨満──テーブルの上の宇宙」2023年1-5月に開催

徳冨満《2D or not 2D》1993 年 プラスチックシートほか 豊田市美術館 17年ぶりの回顧展  徳冨満さんの全貌を紹介  愛知県美術館・豊田市美術館の同時期開催コレクション展「徳冨満──テーブルの上の宇宙」が、2023年1月から5月にかけて開催される。  徳冨満さん(1966–2001年 […]

  • 2022年11月18日
  • 2022年11月18日

愛知県芸術劇場が2023年度自主事業ラインナップを発表

2023年度自主事業ラインナップ  愛知県芸術劇場が2022年11月17日、2023年度の自主事業ラインナップを発表した。 大ホール  大ホールでは、勅使川原三郎芸術監督の新作公演をはじめ、初登場となる「新国立劇場バレエ団」の古典バレエの傑作『ドン・キホーテ』、世界で最も人気のあるダンスカンパニーの […]

  • 2022年11月17日
  • 2022年11月17日

駒井正人展 目黒陶芸館本館(三重県四日市市)11月13-20日

ギャラリー目黒陶芸館(三重県四日市市) 2022年11月13〜20日 駒井正人  駒井正人さんは1980年、山梨県出身。2003年、早稲田大学商学部卒業。2005年、多治見市陶磁器意匠研究所修了。現在、多治見市陶磁器意匠研究所に勤務している。  2011年、第9回国際陶磁器展美濃でグランプリを受賞。 […]

  • 2022年11月16日
  • 2022年11月16日

映画監督の大森一樹さんが死去 70歳

 報道によると、文芸作品から怪獣映画まで幅広いジャンルを手掛けた映画監督、大森一樹さんが2022年11月12日、急性骨髄性白血病のため、兵庫県内の病院で死去した。70歳だった。  1952年、大阪市出身。兵庫県芦屋市で育ち、六甲高校を経て、京都府立医科大学医学部卒業。医師免許を持つ映画監督である。 […]

  • 2022年11月15日
  • 2022年11月15日

『ジョン・レノン 音楽で世界を変えた男の真実』名演小劇場(名古屋)で12月9日公開

ザ・ビートルズ デビュー60周年を記念して日本初公開!  “本当のジョン・レノン” の姿とは―。ジョン・レノンの子供時代、学生時代の友人がお宝写真を交えて語る『ジョン・レノン 音楽で世界を変えた男の真実』が2022年12月9日、名古屋市東区東桜の名演小劇場で公開される。  ジョン・レノンの生い立ちと […]

  • 2022年11月15日
  • 2022年11月30日

東海地方(名古屋/愛知、岐阜、三重)と静岡、滋賀、長野、石川、富山、福井の美術館・ギャラリー展覧会情報

⇒2022-2023年 主な展覧会はこちら 美術館・博物館など—名古屋 《愛知県美術館》 ☆ジブリパーク開園記念 ジブリパークとジブリ展 2022年10月29日~12月25日☆2022年度第2期コレクション展  2022年10月29日~12月25日 ・展示室4 追悼 設楽知昭・展示室5 ピカソと同時 […]

  • 2022年11月14日
  • 2022年11月15日

「風景をうつす」弓指寛治、幸洋子、南條沙歩、樋口誠也、伏木啓、村上将城、山本努武、井垣理史 アートラボあいち(名古屋)で2022年11月5-12月4日

アートラボあいち(名古屋市中区) 2022年11月5日〜12月4日 名古屋学芸大学企画展  名古屋学芸大学(愛知県日進市)のメディア造形学部映像メディア学科の卒業生と教員が制作した作品を集めたグループ展である。  近年、名古屋学芸大学の卒業生の活躍が著しい。かつては、名古屋の美大といえば、愛知県立芸 […]

  • 2022年11月13日
  • 2022年11月14日

平川祐樹個展「D.F.N」スタンディングパイン(名古屋)で11月5日-12月3日

STANDING PINE(名古屋) 2022年11月5日〜12月3日 平川祐樹  平川祐樹さんは1983年、名古屋市生まれ。名古屋学芸大学メディア造形学部映像メディア学科卒業、同大学院メディア造形研究科修了。2011年から2016年までは、ドイツを拠点に活動した。  現在の拠点は愛知県。愛知県立芸 […]

  • 2022年11月12日
  • 2022年11月12日

岐阜県現代陶芸美術館 開館20周年記念 「愛のヴィクトリアン・ジュエリー 華麗なる英国のライフスタイル」11月26日-2023年1月29日に開催

《シードパール ティアラ》19世紀初期 イギリス 穐葉アンティークジュウリー美術館蔵 愛のヴィクトリアン・ジュエリー 華麗なる英国のライフスタイル  岐阜県現代陶芸美術館の開館20周年を記念する「愛のヴィクトリアン・ジュエリー 華麗なる英国のライフスタイル」が2022年11月26日~2023年1月2 […]

>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG