名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

豊田市博物館 基本設計を発表 2024年秋の開館 坂茂さん設計

博物館、イベント広場から ( 豊田市の報道発表資料より)

 愛知県豊田市が2021年1月5日に発表した報道資料によると、建築家の坂茂さんが設計し、 豊田東高校跡地( 豊田市小坂本町 )に 2024年秋の開館を目指す豊田市博物館(仮称)の基本設計が決まった。

  豊田市は、歴史・文化、自然を一体的に取り上げる総合的な博物館として整備を進めている。開館に向けた周知活動と市民参加型の事業を展開。市民の機運を盛り上げる。

イメージ図、右が既存の豊田市美術館、左が新設の豊田市博物館(豊田市の報道発表資料より)

 博物館は、既存の豊田市美術館の北隣に建設される。2019年のあいちトリエンナーレで、 プール底部のコンクリートを立ち上げた高嶺格さんの作品があった 豊田東高校跡地である。

旧豊田東高校(2019年)

 また、2019年9月13日〜10月14日には、現代美術のグループ展「としのこえ、とちのうた」も開催された。

 2021年1月29日の朝日新聞(WEB)によると、谷口吉生さんの設計による豊田市美術館と高さや規模をそろえ、調和させる。

 建物の周辺のデザインについては、美術館のエリアと統一感を出すため、美術館の庭園を設計した米国のピーター・ウォーカーさんが担当する。

  2021年1月6日の中日新聞によると、建物は木造4階建て 。 1、2階が展示スペースで、3階は収蔵庫、4階は機械室。

 敷地面積は約3.9ヘクタール、 建築面積は約4,400平方メートル 、延べ床面積は約7,700平方メートルとなる。総工費は約88億円。

博物館、 メインエントランス (豊田市の報道発表資料より)

 2021年度に解体工事を完了。朝日新聞によると、 同年度中に実施設計も終え、建設工事の入札や新築工事に着手する。

 豊田市のWEBサイトや朝日新聞、中日新聞によると、建物内と外の広場が連続するように設計。美術館と博物館のエリアも行き来できる回遊性の高い施設となる。外の空間では、市民による多様なイベントを開催。 全ての人に開かれ、多様な価値を守り、育んでいく場を目指す。

 市内の他の小規模な博物館をつなぐハブ施設の役割も担い、将来的には、それらを自動運転のバスでつなぐ構想もあるとしている。

  また、木材、太陽光パネルなど、再生可能な素材、エネルギーを積極的に活用する。

坂茂さん

  1957年、東京都生まれ。 1985 年、坂茂建築設計設立。2014 年 、プリツカー建築賞、 2014年、フランス芸術文化勲章コマンドール、 2017年、紫綬褒章。
 代表作に、 大分県立美術館、ラ・セーヌ・ミュジカル(フランス)、静岡県富士山世界遺産センター など 。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。(井上昇治)

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG