ながくてアートフェスティバル「まちNAF2022」 9月23日-10月10日に開催

  • 2022年9月20日
  • 2022年9月25日
  • 美術

山本富章さんが「イオンホールのためのインスタレーション~アラベスク あるいは ジャパネスク~」

長久手の歴史を辿る

 第15回ながくてアートフェスティバル「まちNAF」が2022年9月23日〜10月10日、愛知県長久手市内で開催されている。今年のテーマは「長久手の歴史を辿る」。ベテランから若手まで約70人が参加する。

 毎年、長久手市文化の家をメインに展示会場を市内各所に広げてきたが、今回は、中心的な会場はつくらず、「歴史ルート」「リニモ沿線ルート」という2つの推奨コースを設定。全ての作品を2つのルートに沿って街の各所に展開している。

 徳川家康軍が陣を張り、軍議を開いたといわれる色金山の色金山歴史公園茶室管理棟では、櫃田伸也さん、久野利博さんらが展示している。

櫃田伸也、櫃田珠実
櫃田伸也さん、櫃田珠実さんの作品

茶室を使った久野利博さんのインスタレーション作品
茶室を使った久野利博さんのインスタレーション作品

茶室を使った久野利博さんのインスタレーション作品

大塚道男さんの作品
大塚道男さんの作品

寄川桂さんの作品
寄川桂さんの作品

森川美紀さんの作品
森川美紀さんの作品

 イオンモール長久手のイオンホールでは9月24、25日10:00-17:00限定で、山本富章さんが「イオンホールのためのインスタレーション~アラベスク あるいは ジャパネスク~」と題し、長さ40m以上の大作を展示する。

 1994年、山本さんが北九州ビエンナーレに出品した作品を構成を変え、28年ぶりに公開した。24日には、当時のエスキースも披露された。

 隣接する瀬戸市では、「瀬戸現代美術展2022」が同市内の菱野団地で9月17日〜10月23日の日程で開かれている。車での移動なら、2つの展覧会を巡ることも可能だ。

参加アーティスト

 櫃田伸也、久野利博山本富章、北住淳、大塚道男、櫃田珠実、阿野義久、浅田泰子、青木秀敏、雨宮史郎、安藤ムイ、石掛延子、伊東江利子、稲垣浩二、今川理恵、えぐちみちろう、エンド譲、大島誠、大橋利行、尾関健治、奥田美樹、神谷佳予子、北村尚子、木野瀬正人、古山庸一、澤恵子、坂井智子、坂下惠子、坂本明美、澤村佳代子、鹿村香名、柴田泰雄、柴田由紀、柴山由貴子、示崎麻紀、周業欣、趙宰瑩、鈴村由紀、崎久保愛&福山環(SOBOKAN)、祖父江治生・光恵、武田篤胤、田村美奈、寺本実里、出口朗、富田徹、鳥本采花、中島和弘、中野理奈、中野優、中村友美、ニシダミホ、ニシムラマホ、丹羽幸子、橋寛憲、服部ユーイチ、伴和憲、平子雅浩、福岡栄、福西広和、松野ちり子、松山美穂、Michiyo、みんなのアトリエたねのいろ、村田祐一郎、村瀬摩里子、森川美紀、森正樹、山田明広、山本憲、崔允静、吉村知子、寄川桂

コースは2つ

歴史ルート

 「小牧長久手の戦い」で、徳川家康が指揮をとった色金山から古戦場までの史跡を辿って、長久手の歴史を楽しむアートの道。

リニモ沿線ルート

 日本初のリニアモーターカー、リニモ沿線の各所で美術作品に触れ合いながら、長久手の今を楽しむアートの道。

 リーフレットのダウンロードはこちら

 2021年、2019年の「ながくてアートフェスティバル」レビューはこちら

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG