特別展 ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来― 愛知県陶磁美術館(瀬戸市)で7月16日-10月2日

国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業

 国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業の特別展「ホモ・ファーベルの断片
―人とものづくりの未来―」が愛知県陶磁美術館(愛知県瀬戸市)で2022年7月16日〜10月2日に開催される。

 人の創造性をテーマに、東海地方で制作する気鋭の陶芸作家36人の作品を同美術館の敷地内4カ所(本館1階・B1階、南館、芝生広場、古窯館)で展開する。

 展示は、とても充実していて、新鋭からベテランまで幅広い世代の作家1人1人の作品世界を堪能させてくれる。展示スペースは作家によって異なるが、オブジェ系、現代美術系の現代陶芸の作家が比較的まとまった展示を見せている。

田中良和
柴田眞理子

 特に、内田鋼一さんは、長大な第8展示室全体を作家自身が構成・演出。これまで内田さんがBANKO archive design museum(三重県四日市市)で開催してきたコレクション展も紹介するなど、大規模なもので見応えがある。

内田鋼一

 「あいち2022」の芸術監督、片岡真実さん、陶芸家の内田鋼一さんを招いたシンポジウム(7月16日)など、各種イベントも予定されている。

展覧会概要

創造性をテーマに東海地方の陶芸を紹介

 フランスの哲学者アンリ=ルイ・ベルクソンは、道具のための道具を製作する創造性が人の知性の本質とし、そうした人間をホモ・ファーベル(工作人)と定義した。

 やきものも、人間によって創造された道具である。中でも、時代を映す多様なあり方を示す現代陶芸は、「ホモ・ファーベルの断片」と捉えることができる。

 本展では、人の創造性をテーマに、創造の前提となる「素材」、培われてきた「技」、形成されてきた「場」にフォーカス。東海地方の現代の陶芸を紹介しながら、人とものづくりの関係性を再考する。

 愛知県の誇る歴史、地場産業、伝統文化の再発見をコンセプトの一つに掲げる「あいち2022」と同時期に開催することで、地域の陶磁文化を国内外に発信する。

渡邉太一郎
中田ナオト
奥直子

会期・会場・観覧料など

会  期:2022年7月16日(土)〜10月2日(日)
会  場:愛知県陶磁美術館 本館1階 第1・第2・第7・第8展示室、南館、古窯館、芝生広場
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
※ただし、7月16日(土)は開会式のため、本館の観覧は午前11時から
休 館 日:毎週月曜日(7月18日(月・祝)、9月19日(月・祝)は開館、7月19日(火)、9月20日(火)は休館)
観 覧 料:一般900円(720円)・高校・大学生700円(560円)・中学生以下無料 
※( )内は20名以上の団体料金
※常設展も見ることができる。
割引制度:「あいち2022」現代美術展チケット(1DAYパス、フリーパス)を持参した人は、本展の観覧料が100円引きとなる。本展の使用済み観覧券を国際芸術祭各会場にある直営チケット売場等で提示した場合、「あいち2022」現代美術展の会期中販売券が100円引きとなる。そのほかの割引制度は、公式サイトを参照。

松永圭太
酒井智也

見どころ

①国際芸術祭「あいち2022」と同時期開催の連携企画事業!

②気鋭の作家36人を招聘し、東海地域の現代陶芸の今を紹介する大規模な陶芸展。

③「あいち2022」芸術監督、片岡真実さん、陶芸家の内田鋼一さんを招いたシンポジウムを開催。そのほか、各種イベントを開催予定。

戸田守宣
加藤清之

展示構成および参加作家(36人)

第Ⅰ章 「創造の源泉 ―素材―」(南館、芝生広場)

 やきものづくりの原点となる素材(土・釉薬・焼成)の観点から9人の作家を紹介する。

 植松永次、奥直子、桑田卓郎、柴田眞理子、田中陽子、田中良和、横田典子、吉川正道、渡邉太一郎

桑田卓郎
横田典子
吉川正道

第Ⅱ章 「 ars (アルス)―技法/技術―」(本館第1・第2展示室)

 東海地域に根ざす技法、あるいは先端の技術という観点から16人の作家を紹介する。

 伊藤雅風、伊藤秀人、井戸真伸、小形こず恵、加藤孝造、清水潤、鈴木藏、鈴木徹、田上知之介、樽田裕史、長江重和、林恭助、前田正剛、水野教雄、森克徳、山浦陽介

長江重和
山浦陽介

第Ⅲ章 「場 ―記憶/原風景―」(本館、古窯館)

 人々が集うことで形成されてきた「場」や、場に刻まれた「記憶原風景」に着目し、11人の作家を紹介する。

 安藤正子伊藤慶二、岩村遠、内田鋼一、加藤清之、川田知志、酒井智也、戸田守宣、中田ナオト、松永圭太、松藤孝一

松藤孝一
川田知志

関連イベント

記念シンポジウム

パネラー:片岡真実さん(森美術館館長 / 国際芸術祭「あいち2022」芸術監督)
     内田鋼一さん(陶芸家 / 造形作家 / アートディレクター、参加作家)
     佐藤一信(愛知県陶磁美術館館長)
日時:7月16日(土)午後1時〜午後2時30分
会場:同美術館地下1階講堂
定員:100人(事前申し込み不要、当日先着順、聴講無料)

ワークショップ「かたちに描く―陶板×フレスコ画―」(全2回)【要申し込み、有料】

 陶板を作り、漆喰を塗って、フレスコ画を描く体験をする全2回の講座。 対象は、2日間ともに参加できる人。
日時:
 ①7月31日(日)「レクチャー&陶板づくり」午後1時30分~午後3時30分
 ②8月21日(日)「漆喰塗り&描画」午前10時~午後3時30分(正午から1時間半の昼休憩あり)
講師:川田知志さん(美術作家、参加作家)
会場:陶芸館
定員:15人(応募者多数の場合は抽選)(要申し込み、有料)
参加料や申し込み方法は、イベント情報ページを参照。

 そのほか、アーティストトーク、若手作家トーク、各種ワークショップなどを開催予定。

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG