AAF戯曲賞 公開最終審査会 2020年1月5日開催

 愛知県文化振興事業団(愛知県芸術劇場)は2020年1月5日午後2時から、名古屋・栄の愛知芸術文化センター12階アートスペースAで、AAF戯曲賞の公開最終審査会を開く。定員100人。予約不要。インターネット中継もある(劇場ウェブサイト「AAF戯曲賞」のページからアクセスできる)。全国から136作品の応募があり、一次、二次審査を通過した4作品がノミネートされた。当日は、大賞と特別賞を決定し、午後5時から、表彰式を開く。賞金は大賞50万円。特別賞10万円。

 第18回AAF戯曲賞の公開最終審査会

候補作品は、「異聞・シーシュポスの神話」(平賀美咲)、「入墨淘汰」(野滝希)、「うまく落ちる練習」(三野新)、「ねー」(小野晃太朗)。
 大賞作品は、2021年度以降に、愛知県芸術劇場のプロデュース公演として、小ホールで上演する。審査員は、現代演劇をリードする白神ももこさん(演出家・振付家・ダンサー、モモンガ・コンプレックス主宰)、鳴海康平さん(演出家、「第七劇場」代表)、三浦基さん(演出家、「地点」代表)、やなぎみわさん (美術作家・舞台演出家)の4人。
 関連イベントとして、1月4日午後2時から、アートスペースAで、高校生・大学生向けの「戯曲ってなんだろう? 演出ってなんだろう?」を開催。タイ・バンコクで活躍する演出家・イベンター・演劇作家の篠田千明さん、抗原劇場(アレルゲンシアター)を主宰する演出家・ドラマトゥルクの山田カイルさんが進行役を務め、戯曲を読み解く術や、演出方法を体験するワークショップを行う。無料。先着30人で事前申し込みが必要。メールの宛先は、ws6@aaf.or.jp また、1月5日午前11時から、座談会「戯曲賞とは何か?」もある。ゲストは、東京芸術祭ワールドコンペティションのディレクターなどとして活躍する横山義志さん。無料。予約不要。

 AAF戯曲賞は、上演を前提とした戯曲賞で、2000年から始まった。次代を担う劇作家、後世に残す戯曲を発掘し、作家と演出家、作品と観客が出会い、新たな価値を創出することを目的としている。

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG