ARTS CHALLENGE 2022(アーツ・チャレンジ) 2022年1⽉22⽇-2⽉6⽇愛知芸術文化センターで

ARTS CHALLENGE 2022

 国際芸術祭「あいち」組織委員会 が、2022年1⽉22⽇〜2⽉6⽇に愛知芸術文化センター(名古屋・栄)で開く「ARTS CHALLENGE 2022」(アーツ・チャレンジ)の概要を発表した。 観覧料無料 。

 国際芸術祭「あいち 2022 」のプレイベントとして「I Got Up 生きなおす空間」をテーマに開催。全国から応募のあった170組から選ばれた8組のアーティストが 、愛知芸術文化センターの空間で作品を展示する。

 入選者(出品者)は、江藤佑一、小栢可愛、黒木結、佐野魁、私道かぴ(安住の地)、篠藤碧空、宮内由梨、三枝愛(50音順)の各氏である。

 入選者略歴、作品プランは、こちら。 私道かぴさんは、 「第20回AAF戯曲賞公開最終審査会」で戯曲作品が2次審査を通過した

概要

期 間:2022年1月22日(土)~2月6日(日)
休場日:月曜日(1月24日、1月31日)
時 間:10時~18時(最終日のみ16時閉場)
会 場:愛知芸術文化センター アートスペースXおよびパブリック・スペース(名古屋市東区東桜1-13-2)
観覧料:無料

関連イベント

※イベントの詳細は、12月中旬頃、特設サイトに掲載

[オープニングイベント]入選アーティストによるリレー・トーク

日 時:2022年1月22日(土)10時30分~、14時~
場 所:愛知芸術文化センター12階アートスペースG
定 員:50名先着順、申込不要
参加費: 無料

[篠藤碧空ワークショップ]アーティスト職業体験:You are an artist too.

アーティストによるパフォーマンスの一部を体験できる。

日 時:2022年1月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)、2月5日(土)、6日(日)※開催時間は後日特設サイトに掲載
場 所:愛知芸術文化センター地下1階南玄関階段上部踊場
対 象: どなたでも、申込不要
参加費: 無料

[三枝愛公開制作]庭のほつれ

日 時:2022年1月18日(火)~21日(金)10時~18時
場 所:愛知芸術文化センター地下2階アートスペースX
参加費:無料

各賞

審査員賞

 開幕前日に実作審査を行い、審査員(沢山遼、新藤淳、竹村京)が各1組を決定。

観客賞

 会期中の2022年1月 22 日(土)~ 30 日(日)に来場者投票で決定。

 ※各結果は会場と特設サイトで発表

 

 アーツ・チャレンジは、現代アートの公募展で今回が12回目。若⼿アーティストから作品プラン募集。発表の場を提供することによって、愛知から世界を舞台に活躍するアーティストの輩出を⽬指す。

 活動奨励費は、30万円を⼊選した8人(組)全員に⽀給。審査員賞は、3人(組)のそれぞれに20万円を贈る。また、観客賞1人(組)を展⽰期間中に来場者投票で決定する。

 作品募集については、こちら

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG