あいち国際女性映画祭2022 愛知県女性総合センター(ウィルあいち)を主会場に9月8-11日に開催

アピチャッポン・ウィーラセタクン『MEMORIA メモリア』上映

 国内外で活躍する女性監督による作品、女性に注目した映画を集めた国内唯一の国際女性映画祭「あいち国際女性映画祭2022」が2022年9月8〜11日、愛知県女性総合センター(ウィルあいち)を主会場に開催される。

 27 回目を迎える今回は、日本初公開3、愛知初公開10を含む全31作品が上映される。

 国際芸術祭「あいち2022」との連携企画で、アピチャッポン・ウィーラセタクンが監督した『MEMORIA メモリア』を上映。黒木瞳監督を招いて開くトークイベントもある。

開催概要・チケット

主催:公益財団法人あいち男女共同参画財団、あいち国際女性映画祭2022運営委員会
日程:2022年9月8日(木)から9月11日(日)まで4日間
会場主会場=愛知県女性総合センター(ウィルあいち、名古屋市東区上竪杉町1)、サテライト=ミッドランドスクエア シネマ(名古屋市中村区名駅4-7-1)

チケット

☆愛知県女性総合センター(ウィルあいち会場)上映作品 ※ 全て自由席
【前売・作品別チケット】
・一般1枚1,000円、障害者・子ども・学生1枚600円
・9 月7 日(水)まで、あいち国際女性映画祭事務局(ウィルあいち内)、愛知芸術文化センターと今池ガスビルの各プレイガイド、ローソンチケットBoo-Woo チケット
【当日・作品別チケット】
・一般1枚1,300円、障害者・子ども・学生1枚600円
・ウィルあいち会場チケット売場などで

☆ミッドランドスクエア シネマ上映作品  ※全て指定席
【前売 / 当日・作品別チケット】
・一般1枚1,300円、障害者・子ども・学生1枚600円
・ミッドランドスクエア シネマ窓口、同チケット購入サイトなどで

映画祭の特色

(1) クラウドファンディング

 クラウドファンディングを実施。101人から集まった約72万円で、映画祭の予告編を製作するとともに、9月8日のオープニング作品で日本初公開となる『ギョンアの娘』(韓国、2022年)の字幕製作費に充てた。

(2) 多彩なゲストによるトークイベントの実施

 作品の上映後、女性監督などを招いたトークイベントを開催。海外の監督などは、オンライン、ビデオレターなどで参加する。

 「あいち2022」との連携企画として、芸術祭のパフォーミングアーツ参加アーティスト、アピチャッポン・ウィーラセタクンが監督した『MEMORIA メモリア』を上映。監督がオンラインで登場する。

作品別ゲスト一覧

【海外作品】
◎『ギョンアの娘』
キム・ジョンウン監督
◎『権力を恐れず真実を―米国下院議員 バーバラ・リーの闘い―』
アビー・ギンズバーグ監督
◎『ザクロが遠吠えする頃』
ショーレ・ゴルパリアンさん(映画プロデューサー)
◎『SECRET NAME』
オーレリア・ジョージズ(オレリア・ジョルジュ)監督

【国内作品】
◎『北のともしび ノイエンガンメ強制収容所とブレンフーザー・ダムの子どもたち』
東志津監督
◎『失われた時の中で』
坂田雅子監督
◎『でくの空』
林家ぺーさん(出演俳優)
◎『ぐるり1200 キロ、はじまりの旅』
香西志帆監督、昆夏美さん(主演俳優)、⾧村航希さん(出演俳優)

【特別企画】
◎『わかれうた』『線香花火』
黒木瞳監督
◎『MEMORIA メモリア』(国際芸術祭「あいち2022」連携企画)
アピチャッポン・ウィーラセタクン監督、夏目深雪さん(映画批評家・編集者)

(3) フィルム・コンペティションの実施

 9月10日(土) 10:00から、国内外の女性監督が製作した50分以内の短編13作品(アニメーション部門4、実写部門8、招待作品1)を上映。

 上映後、奥田瑛二審査委員⾧とフィルム・コンペティションノミネート作品の監督によるシンポジウム「日本映画の現状とこれから」を開催する。

 各部門の受賞者には、「グランプリ(賞金20 万円)」、「観客賞(賞金3万円)」授与される。

(4) シンポジウムの実施

「川和田恵真監督と考える 祖国から逃れて日本で暮らす人々の居場所」

 9月9日(金) の『マイスモールランド』上映後に開催。ゲストは、川和田恵真監督、羽田野真帆さん(名古屋難民支援室コーディネーター)。

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG