名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します
MONTH

2020年10月

  • 2020年10月7日
  • 2020年10月7日

中上清展 ガレリア フィナルテ(名古屋)2020年9月29日〜10月17日

ガレリア フィナルテ(名古屋)  2020年9月29日~ 10月17日 中上清展 ガレリア フィナルテ   中上清さんは1949年、静岡県生まれ。闇とそこからにじむ原初的な光、世界の始まりのような幽玄で静謐な空間を描いてきた画家である。深遠な空間から湧き起こる光、どこから来ているか分からないが確かに […]

  • 2020年10月6日
  • 2020年10月6日

小田香監督特集 最新作「セノーテ」公開記念 名古屋シネマテーク 10月17日から

  愛知芸術文化センター・愛知県美術館オリジナル映像作品の「セノーテ」(2019年)、「鉱 ARAGANE」(2015年)などで知られる小田香監督の特集上映が2020年10月17日、名古屋・今池の名古屋シネマテークで開幕する。  特集上映は、A、B、Cの3プログラムがあり、10月17~23日は連日午 […]

  • 2020年10月6日
  • 2020年10月27日

奈良美智さんの新作を豊田市が1億1千万円で購入 10月17日から豊田市美術館で展示

 2020年10月6日の中日新聞(WEB)によると、愛知県豊田市が奈良美智さんの新作絵画の大作を1億1千万円で購入した。2020年に描かれた未発表作品だという。 作品画像は、奈良さんのツイッターから。展示の様子、レビューは、「奈良美智さんの新作展示 杉戸洋さん、村瀬恭子さんの作品と 豊田市美術館」。 […]

  • 2020年10月6日
  • 2020年11月25日

下家杏樹 ノダコンテンポラリー(名古屋)

NODA CONTEMPORARY(名古屋) 2020年9月25日〜10月17日 下家杏樹 だれにもナイショで展 ノダコンテンポラリー(名古屋)  下家さんは2020年に、名古屋芸大大学院を修了したばかりの新人。今後が楽しみなペインターである。  イラスト的、漫画風の作品だが、実際の作品を見ると、伸 […]

  • 2020年10月5日
  • 2020年10月5日

三遊亭志う歌 落語会 文化フォーラム春日井 10月24日に開催

 2020年春に真打ちに昇進した三遊亭志う歌さんの落語会が2020年10 月 24 午後2 時からと午後5時からの2 回、愛知県春日井市の文化フォーラム春日井・視聴覚ホールで開かれる。   名古屋芸術大学アートマネジメントコースの主催。音楽産業や、舞台芸術の企画制作・運営、国や自治体の文化政策につい […]

  • 2020年10月5日
  • 2020年10月5日

丹羽康博展 —警鐘— L gallery(名古屋)

L gallery(名古屋) 2020年9月26日〜10月18日 丹羽康博展 —警鐘— L gallery(名古屋)  丹羽さんは1983年、岐阜県土岐市生まれ。名古屋芸大、愛知県立芸大を経て、制作している。  丹羽さんの作品は、多くの場合、作品のように見えない。  2015年、愛知・文化フォーラム […]

  • 2020年10月2日
  • 2020年10月2日

アッセンブリッジ・ナゴヤ 「名フィルメンバーの対話で綴る 2020―演奏会空白のとき―」配信決定

 アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会が、「アッセンブリッジ・ナゴヤ 2020 」音楽プログラム「名フィルメンバーの対話で綴る 2020 ー演奏会空白のときー」を配信すると発表した。 2020年 10 月 24 日の「アッセンブリッジ・ナゴヤ 2020 」開幕に先駆けて配信。トークの様子は、 stan […]

  • 2020年10月1日
  • 2020年10月30日

SPACの宮城聰芸術総監督演出の ベルリン国立歌劇場オペラ『ポントの王ミトリダーテ』がコロナで延期

SPAC芸術総監督の宮城聰さん  SPAC提供 Ⓒ 加藤孝 SPACの宮城聰芸術総監督 ベルリン国立歌劇場のオペラ『ポントの王ミトリダーテ』を演出  SPAC-静岡県舞台芸術センターによると、 芸術総監督の宮城聰さんが、独ベルリン国立歌劇場のオペラ『ポントの王ミトリダーテ』(モーツァルト作 曲)を演 […]

  • 2020年10月1日
  • 2020年10月1日

島本了多 gallery N 「第二次工芸」

gallery N(名古屋) 2020年9月26〜10月11日 島本了多 gallery N 「第二次工芸」  島本さんは1986年、東京生まれ。多摩美術大学工芸学科を卒業した。岡本太郎現代芸術賞展で入選を重ね、その後、各地でグループ展に出品。gallery Nでの個展は2014年から開いている。現 […]

>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG