NHK交響楽団定期演奏会 愛知県芸術劇場シリーズ 

NHK交響楽団ⒸKosaku Nakagawa

2021年11月28日

首席指揮者の就任が決定したファビオ・ルイージが再来日

 NHK交響楽団定期演奏会(愛知県芸術劇場シリーズ)が2021年11月28日15:00 から、名古屋・栄の愛知県芸術劇場コンサートホールで催される。

 指揮は、2019年度に来日し、R.シュトラウスの「英雄の生涯」の名演で賞賛を浴びたイタリアのファビオ・ルイージ。

 ファビオ・ルイージは、ダラス交響楽団音楽監督、チューリッヒ歌劇場音楽総監督(2020-21シーズンで退任予定)を務め、2022年9月から、NHK交響楽団首席指揮者に就任する。

 ソリストは、イタリア人女性としてパガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで入賞した経歴を持ち、フィルハーモニア管弦楽、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団等と共演した実力派のヴァイオリ二スト、フランチェスカ・デゴ。

 プログラムは、作曲家で、ヴァイオリンの超絶技巧の名手でもあるパガニーニの 「ヴァイオリン協奏曲第1番」と、チャイコフスキー自身の運命をモチーフにしたともいわれる「交響曲第5番」である。

 本シリーズは、1997年度から続く定期演奏会。これまでに、ヘスス・ロペス・コボス(2016年度)、パーヴォ・ヤルヴィ(2018年度)など、世界的な指揮者を迎えた。

指揮:ファビオ・ルイージ  (C)Monika Rittershaus

演奏曲目

●パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲 第1 番 ニ長調 作品6
Paganini: Violin Concerto No.1 D Major op.6
●チャイコフスキー:交響曲 第5 番 ホ短調 作品64
Tchaikovsky: Symphony No.5 E Minor op.64

出演

指揮:ファビオ・ルイージ
ヴァイオリン:フランチェスカ・デゴ
管弦楽:NHK 交響楽団

ヴァイオリン:フランチェスカ・デゴ (C)Davide Cerati

公演情報・チケット

公 演 名| NHK 交響楽団定期演奏会(愛知県芸術劇場シリーズ)
日 時| 2021年11月28日(日)15:00 開演(14:00開場)
会 場| 愛知県芸術劇場 コンサートホール
入場料金| 全席指定 S席10,000円/A席8,000円/B席6,500円/C席5,000円(U25 2,500 円)/D席4,000円(U25 2,000円)/プレミアムシート13,000円

※U25 は公演日に25 歳以下対象(要証明書)
※未就学児入場不可。託児サービスあり(有料・要予約)

○託児サービス
対   象:満1 歳以上の未就学児
料   金:1 名につき1,000 円(税込)
締   切:11月20日(土)
問い合わせ: オフィス・パレット(株)
☎0120-353-528(携帯からは052-562-5005)
月~金 9:00~17:00、土 9:00~12:00(日・祝日は休業)

※車椅子席は劇場事務局(☎ 052-211-7552)/contact@aaf.or.jp にて取り扱い。

販売場所|
愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス
○愛知芸術文化センタープレイガイド(地下2 階)
☎052-972-0430

2021年1月31日

《ドイツ三大B プログラム》 J.S.バッハ、ベートーヴェン、ブラームス

 名古屋・栄の愛知県芸術劇場コンサートホールで、 2021年1月31日午後3時から、「NHK交響楽団定期演奏会(愛知県芸術劇場シリーズ)」が催される。今回は、J.S.バッハ、ベートーヴェン、ブラームスというクラシックの王道ともいえる《ドイツ三大B》の作曲家を取り上げる。

販売は、2020 年12 月11 日午前10時から。

 指揮は、新型コロナウイルスの影響で、来日が叶わなかったトゥガン・ソヒエフに代わり、 鈴木優人さん。 2018年にバッハ・コレギウム・ジャパンの首席指揮者に就任するなど、近年、目覚ましい活躍を見せている。

演奏曲目

《ドイツ三大B プログラム》
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第1 番 ヘ長調 BWV1046
Johann Sebastian Bach : Brandenburg Concerto No.1 in F Major, BWV1046
ベートーヴェン:序曲「コリオラン」 作品62
Ludwig van Beethoven : “Coriolan Overture”, op.62
ブラームス:交響曲 第1 番 ハ短調 作品68
Johannes Brahms : Symphony No.1 in C Minor, op.68

指揮 鈴木優人

 愛知県芸術劇場シリーズは、1997年度から続く定期演奏会。これまでにパーヴォ・ヤルヴィ( 2018年度)、ファビオ・ルイージ(2019年度)など、世界的な指揮者を迎えてきた。
 鈴木優人さんは 、 卓越 した指揮の才能のみならず 、 舞台演出 、 音楽祭のプロデューサー、作曲と幅広く活動。今後の活躍が期待されている。

公演情報

公 演 名| NHK交響楽団定期演奏会(愛知県芸術劇場シリーズ)
日 時| 2021 年1 月31 日(日)15:00 開演(14:00 開場)
会 場| 愛知県芸術劇場 コンサートホール
入 場 料 金| 全席指定 S 席8,000 円/A 席6,500 円/B 席5,000 円/ C 席4,000 円(U25 2,000 円)/プレミアムシート10,000 円

販売場所|
愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス
○愛知芸術文化センタープレイガイド(地下2 階)

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG