映像作家の飯村隆彦さんが死去 85歳

 報道によると、日本の実験映画の草分け的存在である映像作家、飯村隆彦さんが2022年7月31日、誤嚥性肺炎で死去した。85歳。元・ 名古屋造形芸術大学教授。愛知芸術文化センターも作品をコレクションしている。

 1937年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒業。

 1960年代から、実験映画や個人映画、ビデオアートを制作。オノ・ヨーコ、赤瀬川原平、小杉武久、土方巽らの前衛芸術家たちの活動に関わり、前衛的な映画を手がけた。

 1964年には、大林宣彦、高林陽一、ドナルド・リチー、石崎浩一郎らと実験映画集団「フィルム・アンデパンダン」を結成。東京・紀伊国屋ホールで日本の個人映画史上で初めての実験映画祭を開いた。

 1965年、オノ・ヨーコの音楽による実験映画《AI(Love)》がジョナス・メカスによって高く評価され、1966年には、ハーバード大学国際セミナーに招待されて渡米。ニューヨークのジャパン・ソサエティの客員芸術家として制作・上映に取り組んだ。

 1973年には、ドイツ・アカデミーの招きで、1年間ベルリンに滞在。1974年には、パリのシネマテークやポンピドゥ・センターなどでも上映機会を得た。

 1974年にニューヨーク近代美術館、79年にはホイットニー美術館で個展を開催するなど、国際的に評価された。

 1995年に東京都写真美術館、1999年にパリの国立ギャラリー・ジュ・ドゥ・ポムで個展を開催。2001年には、再度、ニューヨーク近代美術館で個展を開いている。

 著書に『芸術と非芸術の間』『パリ−東京映画日記』 『ヨーコ・オノ−人と作品』 『映像実験のために』『80年代芸術フィールド・ノート』など。

 1991年から2001年まで、名古屋造形芸術大学造形芸術学部教授を務めた。その後、2001年から東京工芸大学メディアアート表現学科教授。

 2015年に文化庁メディア芸術祭功労賞を受けた。

最新情報をチェックしよう!

訃報の最新記事8件

>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG