表現の不自由展 名古屋で8月25-28日に再展示 京都は8月6-7日 神戸は9月10-11日

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で中止に追い込まれた「表現の不自由展・その後」の一部作品を紹介しようと2021年に各地で計画されながら、中止などに見舞われた展覧会が2022年8月25~28日に、名古屋市中区の市民ギャラリー栄で改めて開催される。

 展示されるのは、慰安婦を象徴する「平和の少女像」や昭和天皇の肖像が燃える映像作品など9点。

 完全事前予約の入れ替え制となる。

 また、京都展が2022年8月6、7日に開催される。

 神戸市での「表現の不自由展KOBE」は9月10、11日に開かれる。

 名古屋展、京都展の詳しい情報、予約はこちらへ京都展の予約はこちら神戸展の予約はこちら

 2021年7月に開催された名古屋での再展示「私たちの『表現の不自由展・その後』」は、会場に届いた郵便物が破裂し、途中で中止となった。

 東京展は延期となり、2022年4月に開催。大阪展は、府の施設が利用許可を取り消すなどしたが、司法判断を経て開催された。

 詳細は、「『表現の不自由展』東京は4月2-5日に開催、名古屋での再展示は中止、大阪は開催」を参照。

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG