鮫島ゆい展 ギャラリーヴァルール(名古屋)で11月6日まで

ギャラリーヴァルール(名古屋) 2021年10月12日〜11月6日

鮫島ゆい

鮫島ゆい

 鮫島ゆいさんは1988年、京都府生まれ。 2010年、京都精華大学芸術学部版画専攻卒業。ヴァルールでは初めての個展となる。

 略歴によると、個展、グループ展を精力的に開いている。筆者は見るのが初めて。本人への取材もできていないので、この原稿も、作品および一般に公開されている情報に基づいている。

鮫島ゆい

 鮫島さんのステートメントによると、テーマは「みえるものとみえざるものをつなぐこと」。ジャンルは絵画がメインとなる。

 目に見えないものというのも、物理的なもの、哲学的なものなどさまざまだが、ここで言っているのは、普段は意識されないが精神に根付いたもの、見えてはいないが自分が感じるもの、物に宿るもの、アニミズム的なものと想像される。

鮫島ゆい

 美術を通じて、視覚的に見えるものだけでなく、そこから見えないものを感知してもらうということなので、それ自体はオーソドックスではある。

 むしろ、独特なのは、その方法にあるだろう。

鮫島ゆい

 鮫島さんの制作は、「依り代」と呼ぶ小さな立体物を制作することから始まる。

 「依り代」とは、神霊が憑依する樹木や自然石などの物体を指す。彼女は、まずそうした小立体を仮想的につくり、その見て触れられる物からイメージを広げていく。

鮫島ゆい

 そのうえで、それらのイメージの断片を組み合わせて、絵画として構築していく。イメージの断片には、実在的なものだけでなく、架空なものもある。

 つまり、「依り代」という仮想の「ご神体」からイメージを広げ、もう一度、それらをモンタージュしてイメージを再統合する。

鮫島ゆい

 その際、描く支持体は、多くの場合、鋭角的な二等辺三角形のようなシェイプトキャンバスである。

 このイメージの断片のことを、鮫島さんは「呼び継ぎ」と読んでいる。

鮫島ゆい

 「呼び継ぎ」とは本来、割れた器を直す金継ぎ技法のひとつで、修復したい器の破片が足りないときに、全く関係のない他の器の破片で欠落部分を埋めて直すことをいう。

 つまり、これらから考えると、鮫島さんの作品は、離れ離れのイメージの断片が互いに呼び合うように1つのイメージになっているともいえるだろう。

鮫島ゆい

もつれるルーパ

 今回は、油彩、アクリルによる絵画に加え、フレスコによる小品のシリーズ「装飾の欠片」も出品された。

鮫島ゆい

 確かに、鮫島さんの作品を見ると、関係のないようなイメージの断片が出合い、継ぎ合わせられたように構築されている。

 具象、抽象が交じりながら、絵画空間が入り組んだ構造になって謎めいている。

鮫島ゆい

 小立体の「依り代」を端緒とした、見えるものと見えないもの、言い換えると、実在的なイメージと架空的なイメージが画面上で共存している。

 それらは互いに異世界だが、1つの絵画空間になっている。

 同時に、それぞれのイメージの断片は互いに境界で区切られ、一部でつながりをもちつつも、1つの空間として完全に溶け合うことはない。

鮫島ゆい

 再統合されたそれらは、境界によって区切られたものとして1つの絵画空間になっているのである。

 それは、あたかも、呼び継ぎによって、離れた器の断片が漆で再接合され、金粉装飾されたようである。

鮫島ゆい

 つまり、死んだ器を彼岸から此岸へとよみがえらせる呼び継ぎが、再生のあかしとして境界線をもつように、鮫島さんの絵画も、呼び寄せられたイメージの断片が境界とともに新たな風景を見せているのである。

 作品の断片的なイメージは、多様である。人物や顔、アクセサリー、蛇、植物、器など具体的な形象のほか、しなやかなストロークやうねる曲線、抽象的なイメージや空間もある。

鮫島ゆい

 シェイプトキャンバスは、作品が絵画でありながら、同時に物体であるような印象を強めるのに一役買っている。

 矩形でないキャンバスは、たとえサイズが大きくても、欠片のような印象を与える。

 呼び継ぎのように区切られたイメージが寄り添いあった作品の外側に、神秘に満ちた多次元性と多様性、不可視の世界を暗示するようである。

鮫島ゆい

最後までお読みいただき、ありがとうございます。(井上昇治)

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG