よこしまブロッコリー公演 2月26-27日 Gallery blanka(名古屋)

ドラマリーディング『国境の詩』と短編集『あうん』『アテルイ』

 名古屋を拠点とする演劇カンパニー「よこしまブロッコリー」の公演「国境の詩と短編集」が2022年2月26、27日、名古屋市中区丸の内1-12-3のGallery + Cafe blankaで上演される。

 コロナ禍で無観客での配信公演やドラマ動画の作成などを余儀なくされ、観客ありの主催公演としては約2年ぶりとなる。

 温かくもヒリヒリとした物語がカンパニーの持ち味。今回も、どうしようもなく葛藤や不安を抱えてしまう市井の人々に寄り添った会話劇を展開させる。

 上演するのは、ドラマリーディング『国境の詩』と、短編集『あうん』『アテルイ』の計3作品。

 共通するのは、「わたしはどこへ向かうのか」――。選択を迫られるように、あるいは運命に流されるように、あるいはゆるやかに、登場人物たちは「わたし」と向き合う。       

それぞれの作品

ドラマリーディング『国境の詩』
 それぞれの大切な人に会うために 国境の街に向かう男女 ある人物の登場で状況は緊迫していく

◎短編集
『あうん』

 出産を間近に控えた夫婦 すれ違ったり食い違ったりする会話  浮かび上がる2人の「あうん」と「これから」
『アテルイ』
 帰路に立つ天文学者 彼女が選ぶのは、憧れか現実か

日時・観覧料

 前売り券2,500円 ペア券3,500円 当日券2,500円

出演

 古屋暖華(M.カンパニー)、山本千恵(劇団ゆきやなぎ)、古部未悠、鶴田雅弓、すずきたつろう、結沼栄太、にへいたかひろ

スタッフ

【脚本/演出/音楽】にへいたかひろ
【宣伝美術】鶴田雅弓
【制作】結沼栄太
【演出補佐】すずきたつろう

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG