名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

新劇王に関戸哲也さん 「劇王2020」長久手市文化の家

日本劇作家協会東海支部と愛知・長久手市が主催する短編戯曲のコンペティション「劇王2020〜人生を変える20分〜世代交流は演劇で」が2020年2月8、9日、長久手市文化の家で開かれ、関戸哲也さんが新劇王に輝いた。
 Aプログラム勝者の関戸哲也さん「死ぬ時に思い出さない今日という1日」
、Bプログラム勝者の長谷川彩さん「天使と悪魔」、審査員特別枠の斜田章大さん「残像」の3チームが劇王の座をかけて戦い、関戸さんが勝利を手にした。
 関連企画の「げきたまご」や、俳優A賞授賞式も盛り上がり、多くの若い世代も来場。演劇を通し、活発な世代交流があった。

関戸哲也
関戸哲也さん
関戸哲也
関戸哲也さん「死ぬ時に思い出さない今日という1日」

 2017 年の「劇王XI アジア大 会」を最後に休止していた劇王が待望の復活。審査員は、作家・演出家の鴻上尚史さん、劇団チョコレートケーキ主宰の演出家、日澤雄介さん、名古屋の劇団あおきりみかん主宰の鹿目由紀さんが務めた。
 「劇王」は、2003 年から続く名物イベント。長久手市文化の家と日本劇作家協会東海支部が始め、その後、各地に広がった。「上演時間20分、役者3人以内、数分で舞台転換可能」という制約で上演され、短編演劇作品を競う。

 今回、Aプログラムは鏡味富美子さん「白秋」、斜田章大さん「残像」、山口敦史さん「TRANS」、関戸哲也さん「死ぬ時に思い出さない今日という1日」、Bプログラムは天野順一朗「スズキは出てこない。」、田村優太さん「平和な社会」、長谷川彩さん「天国と地獄」、ごまのはえさん「霧の中」が参加した。


最新情報をチェックしよう!