映画監督のジャンリュック・ゴダールさんが死去 91歳

 報道によると、 1950年代末にフランスで始まったヌーヴェルヴァーグを主導し、映像表現に革命をもたらしたジャンリュック・ゴダール監督が2022年9月13日、死去した。91歳だった。

  1930年、パリ生まれ。パリ大学を中退後、映画誌の創刊に参加し、映画批評家として出発。『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』など数々の作品を手がけた。

 世界中の映画人に大きな影響を与え、フランソワ・トリュフォー、クロード・シャブロル、ジャック・リヴェット、エリック・ロメールなどと並ぶヌーヴェルヴァーグの旗手となった。

 20世紀の最も重要な映画作家の一人とされた。作品に、『小さな兵隊』『女と男のいる舗道』『軽蔑』『はなればなれに』『アルファヴィル』『気狂いピエロ』『男性・女性』『ウイークエンド』『中国女』『パッション』『カルメンという名の女』『右側に気をつけろ』『ゴダールの映画史』など。

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG