はるひ絵画トリエンナーレが作品募集 11月20日〜12月10日 展覧会は来年4月から

公式サイトより

 次代を担う美術家を育て、発信しようと、愛知県清須市が、平面作品の全国公募展「清須市第10回はるひ絵画トリエンナーレ」の作品を募集している。応募受付期間は、2020年11月20日〜12月10日。搬入は2021年2月12〜14日。2月16、17日の審査会を経て、表彰式を4月24日に開く。
 展覧会は、2021年4月25日〜6月20日。

 審査員は、加須屋明子さん(キュレーター・批評家・京都市立芸術大学教授)、杉戸洋さん(画家・東京藝術大学准教授)、吉澤美香さん(画家・多摩美術大学教授)、鷲田めるろさん(十和田市現代美術館館長)、高北幸矢さん(造形作家・清須市はるひ美術館館長)。

 大賞(1点)には、賞状とトロフィー、副賞100万円が贈られる。作品は美術館寄贈となり、展示される。

 準大賞(2点)には賞状とトロフィー、副賞15万円、審査員賞(5点)には賞状と副賞8万円、入選(20点以内)には賞状と副賞1万円をそれぞれ贈呈。いずれも作品が展示される。

 佳作は30点以内で賞状が贈られる。きよす賞は1点を実行委が入選の中から選ぶ。また、美術館賞は1点を展示作品(入選以上、28点以内)の中から、会期中の入館者の投票で決める。

 佳作以上の受賞者から選抜して、清須市はるひ美術館で個展を開催する場合がある。

 同トリエンナーレは、1999年から開催している。

 詳細は、公式サイト
 

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG