名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

あいちトリエンナーレ 表現の自由巡り 9月にも公開フォーラム 

 朝日新聞(2019年8月17日)などによると、「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれた問題で、有識者による県の検証委員会は8月16日、県庁で初会合を開き、9月にも、表現の自由を考える公開フォーラムを開くことを決めた。トリエンナーレの臨時プログラムとしての位置付けで、県民や出展作家、有識者らが参加する。テーマは、国際芸術祭の在り方、表現の自由を巡る現状、課題など。検証委は一方で、中止に至った経緯などを関係者に聞き取りし、9月に中間報告として公表する。
 また、8月18日の朝日新聞などによると、「表現の不自由展・その後」の中止に伴い、展示の一時停止などを求める声明を出していた海外9作家の展示室閉鎖や、展示内容の変更が20日から新たに実施されると発表された(対応協議中のウーゴ・ロンディノーネを含む)。詳細は、あいちトリエンナーレのweb