あいちトリエンナーレ負担金 名古屋市が愛知県に不払いを通知

2020年5月20日の日刊スポーツ(WEB)の共同通信配信ニュースによると、名古屋市が「あいちトリエンナーレ2019」の未払いの負担金約3300万円を支払わないと愛知県に正式に通知した。トリエンナーレ実行委員会会長の大村秀章知事は、同日までに支払わない場合は実行委が名古屋市を提訴することになると言明。トリエンナーレを巡る名古屋市と愛知県の対立は、法廷闘争に発展する公算が高まった。
 同紙によると、河村たかし市長は同日、記者団にトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」について改めて「政治的中立性を著しく害している」と批判。大村知事のトリエンナーレ運営も独断的だったと指摘した。「裁判を提起するのであれば、大変不本意ながら受けざるを得ない」とも話したという。
 経緯については、「あいちトリエンナーレ 愛知県が名古屋市を提訴へ 負担金不支出問題で」

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG