名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

あいちトリエンナーレ実行委が名古屋市を提訴

 2020年5月21日のNHKニュース(WEB)、中日新聞夕刊などによると、「あいちトリエンナーレ2019」の負担金の一部を名古屋市が支払わないのは不当だとして、愛知県などでつくるトリエンナーレの実行委は同日、名古屋市に未払い分の3380万円の支払いを求め、名古屋地裁に提訴した。市は裁判で全面的に争う方針という。
 訴状によると、名古屋市は実行委の一員として支払いを決めた2019年度の負担金1億7100万円のうち、トリエンナーレ終了後に支払うとしていた3380万円の減額を一方的に通知。現在も支払っていない。
 名古屋市の河村たかし市長は、昨年の「あいちトリエンナーレ」で企画された「表現の不自由展・その後」の展示内容を事前に実行委から知らされていなかったことや、混乱後の実行委会長の大村秀章知事の運営方法に反発し、今年3月、市の負担金のうち、支払いを保留していた3380万円を支払わないと決めた。
 愛知県は名古屋市に支払いを求めたが、市は5月20日、改めて支払いに応じないと県に正式に文書で通知した。

最新情報をチェックしよう!