名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

愛知県芸術劇場が2021年度自主事業ラインナップを発表

 愛知県芸術劇場が2020年11月25日、2021年度の自主事業ラインナップを発表した。

 大ホールでは、ダンサー、振付家の勅使川原三郎さんが同劇場の芸術監督になって初めて構成・演出・振付をするダンス『風の又三郎』を上演。英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルが伝説のバレリーナの生涯を踊る『Two Feet』、日生劇場のNISSAY OPERA『ラ・ボエーム』も披露される。

  この地域のダンスの活性化と交流促進を目的に、 『風の又三郎』には、オーディションによって、東海圏にゆかりあるバレエ経験者たちが出演。夏には、家族で楽しめるファミリー・プログラムを実施する。小ホールでは、年間を通して、ミニセレシリーズを継続する。

 夏のファミリー・プログラムでは、 毎年人気の日生劇場の物語付きクラシックコンサートや、 アンデルセン童話を下敷きにした ノルウェーのダンス・カンパニーによる『えんどうまめとおひめさま』を上演。県内ツアーも含め、家族で気軽に劇場に来てもらえるように展開する。

 ミニセレでは、オランダ・アムステルダムを拠点に活動するピアニスト、美術家の向井山朋子さんが360度の映像空間で演奏するコンサートや、2020年10月にグッドデザイン賞を受賞したダンスハウス「Dance Base Yokohama」と創作する新作公演も開催する。

 このほか、大ホールを無料開放するオープンハウスを開催。舞台芸術の裾野を広げようと、普及啓発事業や、スタッフ、アーティストの両方を育てる人材養成事業にも力を入れる。

 2021年度年間スケジュールのチラシは、こちら

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG