名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

愛知県が1億円(3年間)の特別枠 県美術館が若手作品を購入

  • 2020年6月1日
  • 2020年6月2日
  • 美術

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、アーティストの作品発表の機会が失われ、収入源につながっている中、 愛知県は2020年6月1日、美術品等取得基金に1億円の特別枠を設け、愛知県美術館で若手作家の現代美術作品を重点的に購入すると発表した。

 愛知県のWEBサイトによると、特別枠は、2020年度から2022年度までの3年間。以前から3年間で9000万円ある通常の購入予算枠とは別に設ける。
 購入対象となるのは、日本在住の若手作家(20歳代から40歳代まで)が制作する現代美術作品。本年度は、30人程度の若手作家から作品を購入する予定という。購入した作品は、今後、愛知県美術館でのコレクション展など、さまざまな機会に展示・紹介する。

 2020年6月2日の中日新聞によると、美術品等取得基金は1988年に設置。今年7月から購入を始める。本年度は、約6000万円を使う。大村秀章知事は、会見で「社会、経済活動の中で文化芸術も大切な分野」と話したという。対象アーティストを県内に限定せず、全国とした理由については、アートのグローバル化を挙げた。

 これとは別に、愛知県は、県内の作家に10〜20万円の応援金を交付する。6月中の申請受け付けを目指す。

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG