谷口吉生さん設計の葛西臨海水族園 建て替え問題でシンポ

  • 2019年11月21日
  • 2019年11月21日
  • その他

日本建築学会のwebサイトによると、2019年12月19日午後1時から、東京・芝の建築会館ホールで、シンポジウム「葛西臨海水族園の長寿命化を考える」が開かれる。葛西臨海水族園(東京都江戸川区)の建築家は、谷口吉生さん。完成から30年がたち、施設・設備なとが老朽化したとして、東京都が建て替えを計画。基本構想によると、既存施設についての議論がないまま、新棟ありきで、状況によっては、既存建物の取り壊しさえ示唆する内容となっている。webによると、シンポジウムは、既存施設の建築学的、文化的価値を再考し、将来に向けたサスティナブルな方向を検討するのが狙い。
 シンポジウム出席者は、槇文彦さん、竹脇出さんら。谷口さんの代表作には、豊田市美術館もある。同美術館に関する谷口さんの対談は、「谷口吉生さん、豊田市美術館を語り尽くす—リニュアール記念講演会」

2019年11月19日の毎日新聞によると、東京都は2019年1月に、新築方針を打ち出した。基本構想を発表し、施設・設備の老朽化や、バリアフリー化の困難を理由として、新施設の建設を示した。

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG