美術家の篠田太郎さんが死去 57歳

 報道によると、美術家の篠田太郎さんが2022年8月13日、死去した。57歳。茨城県内のアトリエで作品を制作していたときの事故が原因という。

 篠田太郎さんは1964年、東京都生まれ。

 人間と自然の関わりなどをテーマに、絵画や彫刻、インスタレーション、映像を制作。国内外の展覧会に参加した。

 さいたま国際芸術祭(2020年)、シドニー・ビエンナーレ(2016年)、イスタンブール・ビエンナーレ(2007年)、釜山ビエンナーレ(2006年)など、数多くの国際展に出品。日本初の本格的国際展として開かれた2001年の横浜トリエンナーレにも参加している。

 2017年から東京芸術大准教授を務めていた。

 なお、筆者は、1998年、現代美術館・名古屋(名古屋市港区港町、ジェティー・イースト3階)であった個展や、2000年に愛知県西春町(現・北名古屋市)のアートスペース・ドットで開催された個展を新聞記者として取材している。ご冥福をお祈りいたします。

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG