写真家の田沼武能さんが死去 93歳

 報道によると、写真家の田沼武能さんが2022年6月1日、東京都内の自宅で死去した。93歳だった。写真家の木村伊兵衛さん(1901-1974年)に師事。世界各地の子供たち、東京の下町、武蔵野などを撮影した。2019年、写真分野としては史上初めてとなる文化勲章を受章した。

 1929年、東京都出身で、浅草の写真館に生まれた。報道写真家を目指し、東京写真工業専門学校(現・東京工芸大)に入学。卒業後、サンニュース・フォトスに勤めた。

 「芸術新潮」嘱託、サン通信社を経て、フリーランスとなり、東京工芸大学芸術学部教授、日本写真家協会会長(1995-2015年)などを歴任した。

 作家や芸術家らのポートレートを撮影するとともに、米ライフ誌との契約を機に、1965年から、世界で子供たちにカメラを向け、ライフワークとした。

 1984年から2014年まで、黒柳徹子さん(1933年生まれ)のユニセフ親善大使就任後の親善訪問に同行し、子供たちの姿を撮影した。

 東京工芸大名誉教授。「九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人。

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG