美術家の高山登さんが死去 78歳

 報道によると、美術家の高山登さんが2023年1月8日、仙台市内の病院で、肺がんのため死去した。78歳。「もの派」の美術家として活動した。

 1944年、東京生まれ。1970年、東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。1960年代末から、線路の枕木など重厚な物質によるインスタレーション作品を展開した。

 物質と記憶の関係をテーマとし、枕木は、近代化による犠牲者、植民地や移民、日本によるアジア侵略の際の鉄道敷設の記憶と結び付いていた。パリ国際青年ビエンナーレや光州ビエンナーレに参加した。

 宮城教育大や東京藝術大学美術学部先端藝術表現科教授を務めた。

 岐阜県が顕彰する第6回円空大賞円空賞も受賞している。

 展覧会に、2010年の「高山登展 ―300本の枕木 呼吸する空間―」(宮城県美術館)、2011年の高山登退任記念展「枕木―白い闇×黒い闇」(東京藝術大学大学美術館)などがある。

最新情報をチェックしよう!

訃報の最新記事8件

>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG