久野彩子個展 ジルダール(名古屋)で11月14日まで

JILL D’ART GALLERY(名古屋) 2021年10月23日〜11月14日

久野彩子

 久野彩子さんは1983年、東京都生まれ。2008年、武蔵野美術大学工芸工業デザイン科金工専攻を卒業し、2010年、東京芸術大学大学院美術研究科工芸専攻(鋳金)修士課程を修了した。

 東京を中心に個展を開催。最近は、2021年の「電線絵画展-小林清親から山口晃まで-」(練馬区立美術館)や、「奥能登国際芸術祭2020+」(2021年9月4日〜11月5日)にも参加した。

 2019年には、金沢21世紀美術館のアペルト11として個展「都市のメタモルフォーゼ」も催された。

久野彩子

 ジルダールギャラリーでは、2020年に「山内喬博 / 久野彩子 二人展」として作品が展示された。個展は初めてである。

 久野彩子さんのベースとなる制作方法は、ロストワックス鋳造技法である。

 ロウで作った原型の周りを鋳物砂や石膏で覆い、加熱によって中のロウを溶かした後、空洞に溶かした金属を流し込んで鋳物に置き換える技法である。

久野彩子

 久野さんの場合、ロウ原型をつくった後、鋳造自体は専門業者に依頼するようである。

 真鍮等で精密な立体を造形した作品のほか、それを木やアクリル樹脂など他の素材と組み合わせた作品もある。

 久野さんの作品は極めて精巧、微細であるために、硬質な金属の質感を保ちつつも、細部が華奢、繊細な印象を与えるのが何よりも魅力である。

久野彩子

 そして、作品によっては、繁殖し、移動していく生命体のような印象を与え、筆者は、そうした不思議な存在感を写真で見た粘菌に重ね合わせた。

Rebirth

 主要なテーマは都市空間とのことだが、作品は実に多様で、未来都市に見えるものから、逆に、崩壊していく都市、すなわち廃墟をイメージさせるものもある。

久野彩子

 ディテールの表現技巧が超絶的で、多くの作品が、増殖しながら変容する、あるいは、うごめき、周囲を侵食していくような生命力をはらんでいる。

 それは無軌道に拡張していく都市を想起させるとともに、そうした密度の中の繊細なバランス、造形美が、ある種の儚さ、崩壊の予兆を見る者に感得させるのである。

 金属的、人工的な建造物の構築と崩壊が、同時にバイオモルフィックな様相を呈し、死と再生、生体的な新陳代謝を想起させるのは、スリリングなほどである。

久野彩子

 ギャラリーによるインタビューで、久野さんは、こうした緻密な作品について、銅像のように重厚な鋳造のイメージを変えたかったと述べている。

 そこから、繊細さや生動感が生まれ、無機的な都市空間があたかも1つの生命体のようなイメージに変容するのである。

 久野さんは、都市空間のカオティックな密集と展開を、ネガティブなものではなく、むしろ、生命体としての成長、進歩、希望などのアナロジーとして、積極的に捉えている。

久野彩子

 だからだろう、久野さんの創造する作品は、宇宙空間の都市ともいえるスペースコロニーなど、未来的、SF的な構造物や宇宙船なども想起させる。

 筆者はふと、1996年、東京都現代美術館で開催された「未来都市の考古学」という展覧会を思い出した。

 この展覧会は、過去の各時代におけるその時点での「現在」からみた都市の未来像を特集したものである。

久野彩子

 いわば、過去の創造者たちが夢想した未来都市のイメージで、展覧会では、そうしたユートピア的世界をコンピュータ・グラフィックスなどによって再現していた。

 ピラネージ(18世紀イタリア)の都市のイメージ、フランス革命期(18世紀)のブレ、ルドゥー、ルクーによる幻視の建築、20世紀のイタリア未来派、ロシア構成主義など、さまざま都市空間が提示された。

 筆者は、多義的である久野さんの生命的都市に、それらの過去から見た未来に連なるイメージを“幻視”したのである。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。(井上昇治)

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG