菊畑茂久馬さん死去

2020年5月22日の西日本新聞(WEB)によると、前衛美術家で、後年は大作の油彩画を描いた画家の菊畑茂久馬さんが21日、肺炎のため福岡市内の病院で死去した。85歳。長崎市生まれ。
 同紙によると、菊畑さんは楽焼の絵付けの仕事をしながら我流で絵を描き始め、1957年に前衛美術集団「九州派」の旗揚げに参加。読売アンデパンダン展などで、アスファルトを塗りつけた絵画や、丸太と大量の5円玉を使って性器に見立てた立体作品を発表した。
 83年から「天動説」と名づけた大作の油彩画のシリーズを制作。絵の具を塗りつけ、盛り上げ、垂らすなど濃密に作り込んだ絵肌を特徴とした。
 筑豊の炭鉱を描いた山本作兵衛の作品を「絵画」として評価し、紹介に尽力。山本作兵衛の炭鉱画は、ユネスコ記憶遺産に登録された。2011年には、福岡市美術館と長崎県美術館が大回顧展を開いた。

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG