名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

生誕100年 フェデリコ・フェリーニ映画祭 名古屋シネマテークで9月21日から

「8 1/2」「道」などの作品で知られ、イタリアが世界に誇る映画監督、フェデリコ・フェリーニ(1920〜1993年)を特集した「生誕100年 フェデリコ・フェリーニ映画祭」が2020年9月21日〜10月2日、名古屋・今池の名古屋シネマテークで開かれる。フェリーニの6作品と、フェリーニの素顔に迫るドキュメンタリー・ドラマ「フェデリコという不思議な存在」が上映される。

「フェデリコという不思議な存在」

 映画「フェデリコという不思議な存在」は、エットレ・スコーラ監督による2013年のドキュメンタリードラマ。

 風刺雑誌「マルカウレリオ」の編集部でマンガを描き始めた若きフェリーニ。夜、ローマ市内をドライブしながら、他人の打ち明け話を聞くのが好きだった不眠症のフェリーニ。アカデミー賞を4回も受賞したフェリーニ。
 数々のエピソードを軸に、フェリーニ作品や、「カサノバ」のオーディション風景など実際の映像の数々を交え、巨匠スコーラが、敬意、愛情とともにフェリーニの素顔に迫った。

 エットレ・スコーラ監督は、若きフェリーニが「マルカウレリオ」の編集部で働き始めた8年後に入社。11歳の歳の差はあっても、編集部で机を並べ、数十年にわたり、友情を育んだ。
 映画監督としては、「醜い奴、汚い奴、悪い奴」「La Terrazza」「ル・バル」などの作品で知られる。

フェリーニの6作品

「甘い生活」

・青春群像
 1953年 モノクロ 107分

・道         
 1954年 モノクロ 107分

・甘い生活      
 1960年 モノクロ 174分

・8 1/2      
 1963年 モノクロ 138分

・魂のジュリエッタ  
 1965年 カラー  144分

・フェリーニのアマルコルド
 1973年 カラー  124分

入場料

1作品当日券のみ1300円、サービスデイ1100円
※「フェデリコという不思議」は一般1500円、大学生1300円、シニア1100円

「フェリーニのアマルコルド」

スケジュール

9月21日10:00 8 1/2
12:40  フェリーニのアマルコルド           
9月22日10:00 道     
12:05 甘い生活
9月23日10:00  青春群像
12:15   魂のジュリエッタ
9月24日10:00  8 1/2   
12:40  フェリーニのアマルコルド
9月25日10:00  道     
12:05 甘い生活
9月26日17:50 フェデリコという不思議な存在
19:40 8 1/2
9月27日17:50  フェデリコという不思議な存在
19:40  道
9月28日17:50  フェデリコという不思議な存在
19:40  青春群像
9月29日17:50  フェデリコという不思議な存在
19:40  魂のジュリエッタ
9月30日17:50  フェデリコという不思議な存在
19:40  甘い生活
10月1日 17:50  フェデリコという不思議な存在
19:40  フェリーニのアマルコルド
10月2日17:50  フェデリコという不思議な存在
19:40  8 1/2

公式サイト

最新情報をチェックしよう!