名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

フェデリコ・フェリーニ映画祭 名古屋シネマテークで12月19-25 再度開催

「8 1/2」「道」などの作品で知られ、イタリアが世界に誇る映画監督、フェデリコ・フェリーニ(1920〜1993年)を特集した「生誕100年 フェデリコ・フェリーニ映画祭」が2020年12月19〜25日、 名古屋・今池の名古屋シネマテークで開かれる。
 9月21日〜10月2日に続く開催。
 フェリーニの6作品が上映される。

スケジュール

「甘い生活」

12月19日(土)午前11:30
「道」         
 1954年 モノクロ 107分

12月20日(日)午前11:30
「甘い生活」      
 1960年 モノクロ 174分

12月21日(月)午前11:30
「8 1/2」      
 1963年 モノクロ 138分

12月23日(水)午前11:30
「魂のジュリエッタ」  
 1965年 カラー  144分

12月24日(木)午前11:30
「フェリーニのアマルコルド」
 1973年 カラー  124分

12月25日(金)午前11:30
「青春群像」
 1953年 モノクロ 107分

「フェリーニのアマルコルド」

入場料

1作品当日券のみ1300円、木曜日は会員&レディスデイ1100円

公式サイト

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG