名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

戸次祥子展 ギャラリーサンセリテ 2月23日まで

ギャラリーサンセリテ(愛知県豊橋市) 2021年2月6〜23日

ムーヴメント

 戸次祥子さんは1979年、大阪府出身。大阪大で教育学を、京都造形芸術大通信過程で主にグラフィックデザインを学び、木口木版の世界に入った。

 2007年、結婚を機に愛知県に転居。豊川市を拠点に制作している。

 本の装画などのほか、岐阜県郡上市の辰巳蒸溜所(芸術批評誌REAR No.42「透明なまなざし、蒸留する手」でも紹介されている)にラベル画も提供している。

戸次祥子

 山に登り、拾ってきた小石を小口木版で彫っている。

 とても繊細、細密な作品である。

 「石は山の分身」という。刷られた硬質な石のイメージに視線を沈めると、そこに山の透明な空気、緊張感、ピュアな存在感とともに、自然の豊かな表情、石が内在させる遠大な時間、地球、果ては宇宙を見ている気がする。

 小さな作品に、とても大きな世界を感じる、そんな作品である。

クラウド・チェンバー

戸次祥子

 第1〜8番の作品があり、それぞれに「穂」「目」「舳(へさき)」「灯」「軌」「宿」「風」「山」 のタイトルがある。

 蛇腹折りになった本バージョンと、シートタイプがある。

 蛇腹折りのシリーズは、福島県須賀川市のCCGA現代グラフィックアートセンターで2020年7月4日~9月6日にあった「共鳴する刻[しるし]―木口木版画の現在地」に展示された。

 この作品は、福島の海岸で拾った自然石がモチーフ。これらの小石を観察し、対話するように制作された作品である。

 クラウド・チェンバーは、放射線を可視化する実験装置。東日本大震災の福島原発事故が想起される作品である。

 なんということもない海岸の小石。戸次さんは、震災から10年が過ぎても消えることがない小さな光と影、声、記憶を感じたのである。

戸次祥子
戸次祥子
戸次祥子
戸次祥子
戸次祥子

 会場には、モチーフとなった小石も展示された。

 戸次さんは、これらの小石に、山並みの稜、斜面、窪地、沢、そして、自然と大地、大気の循環、宇宙を見る。

戸次祥子

キクロス

戸次祥子
戸次祥子
戸次祥子

雲の芽

戸次祥子

空の露

戸次祥子

はつみず

戸次祥子

分室

 「分室」は、3枚1組のプレス機刷り。

フィラメント

戸次祥子

クオーツ

戸次祥子

レインゲージ

戸次祥子

 板を使い、木の葉などでイメージを作った小品のシリーズもあった。

戸次祥子

最後までお読みいただき、ありがとうございます。(井上昇治)

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG