名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

アッセンブリッジ・ナゴヤ2020 第1弾参加アーティスト、プログラムを発表

  • 2020年9月15日
  • 2020年9月15日
  • 美術

アッセンブリッジ・ナゴヤ2020 第1弾参加アーティスト、プログラムを発表

アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会が、2020年10月24日〜12月13日(木曜、金曜、土曜、日曜、祝日)に名古屋港〜築地口エリア一帯で開く音楽と現代アートの芸術祭「アッセンブリッジ・ナゴヤ2020」の第1弾参加アーティストとプログラムを発表した。

 2016 年から、名古屋市港区エリアで開催。 5 回目となる今回は、新型コロナウイルス感染症によって、文化や芸術に触れる機 会が限られている中、多彩な音楽・現代アートのプログラムを発信し、豊かな時間を届ける。

第1弾参加アーティスト

[MUSIC] 

野村 誠 / 鈴木 潤 / 北口大輔 / 黒河内彩 / Le Bois Quartet / 引田香織 / 小松 大 / 大橋志麻 / マーメイド・ストリングカルテット / 益川京子 / 永井聖子 / パシフィック カルテット / mica+hachi

[ART]

上田 良 / L PACK. / 折元立身 / 丸山のどか / 三田村光土里 / ミヤギフトシ
[SOUND BRIDGE]
井手健介 / イ・ラン / 大城 真 / 角銅真実 / Gofish   

プログラム概要

 音楽プログラムでは、名古屋市出身で多様な楽曲、プログラムを手がける野村誠さんらによる子どもたちに向けたワークショップ&コンサートを開催。

 公募で選ばれた弦楽四重奏団が港まちに滞在し、音楽を届けるレジデンス・アンサンブルも実施する。

 アートプログラムでは、愛知県出身の三田村光土里さんが滞在制作。L PACK.による新スタイルのモーニングイベントなどを予定している。

 サウンドブリッジでは、アートプログラム出展作家ミヤギフトシさんの映像作品に出演する井出健介によるライブを開催する。

 新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、過去の出演アーティストが「港まち」と再会し、共演する映像作品など、ウェブで公開するプログラムも計画されている。

展覧会概要

現代美術展『パノラマ庭園 -亜生態系へ-』

●会期2020.10.24(土)‒12.13(日)会期中の木曜、金曜、土曜、日曜、祝日開場
●開館時間11:00‒19:00 * 名古屋港ポートビル展望室は 9:30‒17:00 [入場は閉館の 30 分前まで]
●会場港まちポットラックビル [ アッセンブリッジ・ナゴヤ総合案内 ]、 旧・名古屋税関港寮、NUCO、Super Gallery、名古屋港ポートビル展望室 ほか、名古屋港エリア内

その他のプログラムの詳細は公式サイトで。

企画体制

アートプログラムディレクター

服部浩之(インディペンデントキュレーター/秋田公立美術大学 准教授 )
青田真也 (アーティスト)
吉田有里 (アートコーディネーター/名古屋芸術大学 准教授)

音楽プログラムディレクター

岩田彩子 (チェリスト)

レジデンス・アンサンブル プロジェクト ディレクター
北川明孝 (ON music project 代表)

アーキテクト

米澤 隆 (建築家/米澤隆建築設計事務所主宰/大同大学専任講師)

チケット・公演予約

ブリッジパス  700円  
 現代美術展や各プログラムに参加するためのパス。 会期中、総合案内(港まちポットラックビル)で購入できる。 本人に限り、会期中何度でも利用できる。中学生以下は無料。
公演予約
<名古屋市文化振興事業団公演>
【うみとさかなのものがたり~ 朗読×弦楽四重奏】【旅する歌の舟×アイルランドの風】【人魚姫~ 弦楽四重奏×語り×人形】
予約開始は、2020年9月15日から。予約締め切りは公演 3 日前まで。
「アッセンブリッジ・ナゴヤ 2020」ウェブサイト内チケットページの指定のメールフォームにて、予約できる。
・お問合せ
名古屋市文化振興事業団
TEL|052-249-9385  メール|assembridge.nagoya@bunka758.or.jp

最新情報をチェックしよう!