荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所 荒川とマドリンの旅行写真を公開

  • 2020年8月12日
  • 2020年8月12日
  • 美術

『Distraction Series』第10号より

荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所Reversible Destiny Foundationが、荒川+ギンズが創造したさまざまな哲学、プロジェクトを共有しようと配信を始めた隔週のニューズレター『Distraction Series』の第10弾で、Reversible Destiny Foundationが管理するアーカイブから、荒川とマドリンの世界各地への旅路を記録する写真を公開した。

 メキシコはトゥーラのメソアメリカの遺跡、そして、イタリア、フランス、日本、あるいは、ニューヨーク州内の各地で写したイメージから、二人の視点を時空を超えて感じ取ることができる。春夏秋冬の風景、さまざまなポーズ、そして朝食をとりつつ次の旅程を立てるかのような二人の日常の姿などが見られる厳選した22点である。

 荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所から、各写真をキャプションとともに見ることができる。

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG