あいちトリエンナーレ 10月に国際フォーラム

2019年8月24日の朝日新聞朝刊によると、「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、芸術祭実行委会長である大村秀章愛知県知事は、10月に「表現の自由に関する国際フォーラム」(仮称)を開くことを明らかにした。
 9月には、別途、県民や作家と語り合う「表現の自由に関する公開フォーラム」(仮称)を開く。
 国際フォーラムには、展示中止となった作家や、海外のジャーナリストを招く。表現の自由を巡る世界各地の状況を議論し、「あいち宣言」として、表現の自由を世界にアピールする。大村知事は、20日付の書簡で、トリエンナーレ参加作家に「表現の不自由展・その後」を巡る混乱について陳謝した。詳細は朝日新聞のweb

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG