名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

AAF戯曲賞大賞作品『朽ちた蔓延る』愛知県芸術劇場で11月7~9日

日本人、インドネシア人、カナダ人などボーダーレスに集まったパフォーマーとスタッフ

AAF戯曲賞大賞作品『朽ちた蔓延る』愛知県芸術劇場で11月7~9日

 2019年1月、愛知県芸術劇場が主催する「第18回AAF戯曲賞」で大賞に選ばれた『朽ちた蔓延る』(くちたはびこる)が、2020年11月7〜9日、名古屋・栄の愛知県芸術劇場小ホールで上演される。

  2020年12月 26日〜 2021年 1月 17日、 有料の オンライン配信 もある。

山内晶

 戯曲を書いたのは、劇団 「キリグス」を主宰する山内晶さん。演出は、 タイ・バンコクを拠点に活動する 演出家、作家、イベ ンターの篠田千明さん。

 AAF戯曲賞は、後世に残すべき 戯曲 を公募し、審査員によって選ばれた受賞 作品を上演 する愛知発の取り組み。

篠田千明

 架空の遺跡で、日本人観光客や歴史学者の妻、かつて遺跡を築いた王様など、 時代や立場が 異なる人たちが各々の 視点で独白する物語 。インドネシアの伝統的な影絵芝居「ワヤン・クリ」 を取り入れ、インドネシアやカナダ など 海外で活躍するスタッフや パフォーマーを 起用するなど 、 篠田さんが独自の経験や人脈を最大限に生かした。

 篠田さんは「歴史、自分、人間、文化とは何か、本物とは何か、そもそも本物は誰が決めるのか、などの問い を改めて考察する作品になる。多彩なシチュエーションとスタッフが魅力」としている。

インドネシアのワヤン・クリを使った演出

 

第18 回AAF 戯曲賞受賞記念公演『朽ちた蔓延る』
日時| 11 月7 日(土)18:00 開演、8 日(日)15:00 開演、9 日(月)19:30 開演
会場| 愛知県芸術劇場 小ホール
入場料金| 全席自由・整理番号付 一般3,000 円 U25 1,000 円

愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス
○愛知芸術文化センタープレイガイド(地下2 階) ☎052-972-0430
※平日10:00~19:00、土日祝18:00 まで。月曜定休、祝休日の場合は翌平日。

○オンライン配信 12 月26 日(土)10:00 から2021 年1 月17 日(日)23:59 まで。販売は、11 月4 日10:00~2021 年1 月17 日12:00 で、1,000 円 

チケットぴあ

 同劇場は、公演に出演する市民役を募集している。演出家のメッセージを劇場のWEBサイトに掲載している。

最新情報をチェックしよう!