名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

新型コロナウイルスの感染拡大エンタメ産業に打撃 ぴあが警鐘

 2020年3月28日の日経新聞によると、新型コロナウイルスの感染拡大がコンサートやスポーツイベントなど、ライブ・エンターテインメント産業を直撃している。
 チケット大手のぴあによると、5月まで公演中止などの対応を迫られれば、市場の4割が消える危機的状況になるという。ぴあの矢内広社長が首相官邸に届け試算資料によると、3月23日までに中止・延期になった公演や試合の総数は、8万1000本。入場できなかった観客総数は5800万人に達する。損失額は1750億円。ぴあが見積もる2019年の市場規模の19%に相当し、11年の東日本大震災のときの損失を上回るという。
 この状況が続き、5月末まで、さまざまな興行が開催できないと、損失総額は3300億円にもなり、市場規模の4割にも及ぶ(レジャー施設や映画館は除く)。
 被害が大きくなれば、業界で働く人の生活も圧迫される。日経新聞によると、英国では、アーティストを支援する動きが広がっており、日本でも、超党派の国会議員有志が音楽ライブなどが中止になったときの損失補償など支援策について検討を進めている。
 

最新情報をチェックしよう!