ナビロフト(名古屋)が4月に閉鎖

 2021年3月23日の中日新聞朝刊によると、劇作家、演出家の北村想さんが主宰した劇団プロジェクト・ナビのアトリエとして1994年、名古屋市天白区に開設され、その後、小劇場になった「ナビロフト」が、4月10、11日の自主公演を最後に閉鎖される。

 昨秋、新型コロナウイルス感染防止対策に絡む行政上の手続きの中で、ナビロフトが法律上、劇場を建設できない「第一種住居地域」にあることが分かったのが理由という。

 ナビロフトは、プロジェクト・ナビの活動拠点だったが、2003年の劇団解散に伴い、貸し劇場を中心とした運営に舵を切った。

 2016年には、俳優の小熊ヒデジさんがプロデューサーになって運営体制を一新。「地域に根ざし、全国とつながる劇場」を謳い、若手の劇作家育成を目指した試みや、他地域の劇団と連携した企画を打ち出してきた。

 プロジェクト・ナビは、北村さんが 劇団「T・P・O師★団」、彗星’86に続いて主宰した劇団。1984年から89年まで東京で学生演劇に没頭した筆者が最も親しんだ劇団の1つでもある。「想稿・銀河鉄道の夜」「雪をわたって」など数多くの舞台を見た。

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG