名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

名古屋ボストン美術館跡 短期の無償貸し出し

 2020年6月27日の中日新聞、朝日新聞などによると、2018年10月に閉館した名古屋・金山の名古屋ボストン美術館跡の空間(金山南ビル美術棟)を、本年度、名古屋市が催事などで短期の無償貸出をすると発表した。

 名古屋市は、閉館後、1年半以上、入居者を探したが、名古屋ボストン美術館に代わる入居者が見つからなかった。

 用途が美術館、博物館に限られる上、年間賃料が5280万円(月440万円)と高額で、貸付期間も3〜10年と長いことがネックとなった。閉館以降、空きビルにもかかわらず、年間7、8000万円の維持費が必要で、問題になっている。

 夏以降、事業パートナーを公募する方針。

最新情報をチェックしよう!