ボルタンスキーさんが死去 76歳 フランスの現代アーティスト

ボルタンスキー

 朝日新聞(WEB)などによると、フランスの現代アーティスト、クリスチャン・ボルタンスキーさんが2021年7月14日、がんのため、パリの病院で亡くなった。76歳だった。

 1944年、パリ生まれ。1950年代半ばから独学で絵画を学び、表現主義的な作品を描いた。1960年代後半以降、短編フィルム作品や写真の制作を始め、1972年、ハラルド・ゼーマンが芸術監督を務めた「ドクメンタ5」に参加。自己や他者の記憶をテーマにし、注目を集めた。

 1980年代には、明かりによるインスタレーションで宗教的なテーマに取り組み、国際的な評価を獲得。歴史や記憶、人間の存在の痕跡や不在、生と死をテーマに、世界各地の国際展で作品を発表してきた。

ボルタンスキー

 子供の肖像写真に電球の光を当てて祭壇を作った「モニュメント」シリーズ(1985年~)、 大量の衣服を集積させた《ペルソンヌ》(2010年)などがある。

  ボルタンスキー自身がユダヤ系の父を持つことから、肖像写真を集合的に展示する手法は、ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺の犠牲者のイメージをも想起させた。

ボルタンスキー

  1990~91年にICA名古屋と水戸芸術館現代美術ギャラリーで日本での初個展を開催。その後、大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレや瀬戸内国際芸術祭などにも参加した。

  2016年、東京都庭園美術館で個展「アニミタス-さざめく亡霊たち」を開催。2019-2020年には、 国立国際美術館、国立新美術館、長崎県美術館の3館によって、大規模な回顧展「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」 が開かれた。

  香川・豊島で、 2010年に、世界中の心臓音を集めた「心臓音のアーカイブ」、2016年に、森林の中で無数の風鈴が風に揺れ動き、静かな音を奏でるインスタレーション「ささやきの森」を公開した。
 2006年、第18回高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。

ボルタンスキー

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG