名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

秋山祐徳太子さん死去

2020年4月4日の読売新聞などによると、1960~70年代にパフォーマンス芸術で活躍した美術家、秋山祐徳太子さんが4月3日、老衰で死去した。85歳。
 1994年から2014年まで数々の展覧会を開いた中京大学のアートギャラリーC・スクエアで、作家決定の専門家委員を務めた。
 東京都生まれで、1960年、武蔵野美術学校(現武蔵野美術大)彫刻科を卒業。キャラメル「グリコ」の箱に描かれたランナーの格好で街を疾走する「ダリコ」など、ポップハプニング(行為芸術)を展開した。「政治のポップアート化」を唱えて、75年と79年の東京都知事選に立候補した。ライフワークの安価なブリキの彫刻や、92年にカメラのライカを愛好する赤瀬川原平さん、高梨豊さんと結成した「ライカ同盟」でも知られた。ライカ同盟展は、 C・スクエアでも開かれた。

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG