名古屋のカルチャーWEBマガジン「アウターモーストナゴヤ」では、レビュー、リポート、トピックスなどを掲載します

あいちトリエンナーレ 展示中止の少女像をスペインの実業家が購入

 共同通信や朝日新聞(2019年8月15日夕刊)によると、「あいちトリエンナーレ2019」で中止となった「表現の不自由展・その後」で展示された慰安婦を象徴する少女像を、スペインの実業家が購入したことを複数の通信社が伝えた。北東部バルセロナに開く計画の美術館に展示する予定という。
 共同通信や朝日新聞によると、購入したのはジャーナリスト出身で映像関連企業を共同経営するタチョ・ベネット氏。政治や倫理などさまざまな理由で展示できなくなった芸術品を世界各地から収集。愛知の展示中止の話を聞き、制作した韓国人彫刻家に直ちに連絡して購入したという。また、ベネット氏は、他にも、著名な中国の芸術家で、政府への批判的な言動で知られる人権活動家の艾未未の作品などを所有しているという。詳細は共同通信のweb、朝日新聞のweb