あいちトリエンナーレ 8日午後から全面再開

あいちトリエンナーレのwebサイトや、朝日新聞のwebサイトなどによると、「あいちトリエンナーレ2019」で中止になっていた「表現の不自由展・その後」が8日午後、再開された。同展の中止に抗議して展示の一時中止・変更等をしていた出品作家の全ての作品の展示も8日から、本来の形で全面的に再開された。7日夜、トリエンナーレ実行委会長の大村秀章愛知県知事は緊急で記者会見し、再開を表明。津田大介芸術監督も会見し、「文化行政に対するレガシーにしたい」などと語った。
 不自由展の再開については、鑑賞者への事前説明をした上でのガイドツアー方式とし、1回の鑑賞者も30人に制限した。希望者が多い場合は抽選とし、金属探知機によるチェック、撮影禁止などルールを厳格化した。この日は、入替制による2回分のツアーがあり、計60人が入場できた。

最新情報をチェックしよう!
>伝えること、文化芸術とメディアについて

伝えること、文化芸術とメディアについて

1980年代から、名古屋、東京、関西で文化芸術を見てきた。新聞文化面、専門雑誌、「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、自ら新聞文化欄を編集、美術、映画、演劇などの記事を書いてきた。2000年代に入ると芸術批評誌を立ち上げ、2019年にはWEBメディアを始めた。文化芸術とメディアの関係、その歴史的展開、メディアリテラシー、課題と可能性、レビューや伝わる文章の書き方、WEBメディアの意義、構築方法について、若い世代に伝えたいと考えています。

CTR IMG