立教大学がオンライン公開シンポジウム「現代に生きる芸術、文化、宗教—国際芸術祭『あいち2022』から—」7月5日午後6:30から 片岡真実、奈良美智らが登壇

未来をどう生きるか

 立教大学文学部キリスト教学科が2022年7月5日午後6:30から、オンラインによるシンポジウム「現代に生きる芸術、文化、宗教 ― 国際芸術祭『あいち2022』から ―」を開く。事前申し込み制で、定員は先着1000人。

 世界がパンデミックとさまざまな状況の悪化に直面し、人間の生活、社会のあり方に対して、新たな提言が求められる中、多元主義的で、コミュニティに関わる実践である現代芸術の役割、世界の現在と未来について意見を交わす。

 2022年7月30日~10月10日に開催される国際芸術祭「あいち2022」をテーマに、現代美術の源流、多様な価値観について考え、地域の歴史、伝統文化、宗教的コミュニティなど、過去から継承されたものを通じて、未来をどう生きるかについて考える企画である。

プログラム

18:30-18:35 
加藤磨珠枝(立教大学文学部キリスト教学科教授)
「趣旨説明」
18:35-19:00 
片岡真実(あいち2022芸術監督、森美術館長)
「STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから」
19:00-19:25 
拝戸雅彦(愛知県美術館長)
「間借りする」
19:25-19:35 
休憩
19:35-20:00 
奈良美智(現代美術作家)
「普遍的なもの」
20:00-20:15 
西原廉太(立教大学総長、文学部キリスト教学科教授、日本聖公会中部教区主教)
「キリスト教神学の視座からの応答」
20:15-20:45 
総合討論

最新情報をチェックしよう!
>文化とメディア—書くこと、伝えることについて

文化とメディア—書くこと、伝えることについて

1980年代から、国内外で美術、演劇などを取材し、新聞文化面、専門雑誌などに記事を書いてきました。新聞や「ぴあ」などの情報誌の時代、WEBサイト、SNSの時代を生き、2002年には芸術批評誌を立ち上げ、2019年、自らWEBメディアを始めました。情報発信のみならず、文化とメディアの関係、その歴史的展開、WEBメディアの課題と可能性、メディアリテラシーなどをテーマに、このメディアを運営しています。中日新聞社では、企業や大学向けの文章講座なども担当。現在は、アート情報発信のオウンドメディアの可能性を追究するとともに、アートライティング、広報、ビジネス向けに、文章力向上ための教材、メディアの開発を目指しています。

CTR IMG